母をいちばん喜ばせるものとは なう。 おぐらなおみの「受験なう。」~高3・大学受験編~

++母をいちばん喜ばせるものとは なう。++

私事で恐縮でございますが、先日、誕生日を迎えました。
酉(とり)年の45歳、まったくもって「いい大人」なわけですが、気持ちはヤングのままだと
思いたい(ヤング、とか言ってる時点でどうかと……)。
オットもムスコもきっぱりと忘れてましたが、ムスメは覚えていたようです。
やはりムスメは、誕生日は特別なものと思っているからでしょうか?
今年の7月、ムスメは18歳になります。自分自身の誕生日もまた特別らしく、
「お母さん、誕生日おめでとう。マーちゃんの誕生日もすぐだけどね。」とか言ってました。

話は変わりますが、いよいよムスメの学資保険が満期になりました。
ムスメが生まれた時に契約したので、18年間保険料を払い続けていたのですね。
当時のワタクシは27歳。にじゅうななさい……とんでもなく大昔のような気がします。
しかし、子どもが生まれたばかりで不安で仕方がなく、カツカツの生活費の中から
学資保険代を捻出(ねんしゅつ)した27歳の自分の気持ちは、ありありと思い出せます。
本当に、不安で仕方がなかったのです。

この保険料を払い終えるころには、子どもは相当大人になっており、子育ての不安もまったくなく、
そりゃもう余裕アリアリの人生に違いない、とタカをくくっておりました。
実際、オムツもはずれましたし、自転車にも乗れるようになりました。
おなかがすけば冷凍ご飯をあっためて、ふりかけでもかけて食べてくれることを思えば、
なんと成長したことか! と、むせび泣きたいくらいですが(当時、本当に育児が大変だったので)、
まあやはり「漠然とした将来の不安」というのはなくならないものですね。

モノではなく「数字(偏差値)」が欲しい、なんていうのはほとんど冗談ですが、
それにしても、18年前はそんな冗談が浮かぶということさえ想像できませんでした。
ただ健康に育ってほしい、としか考えていなかった毎日から、私は成長したのか強欲になったのか。

あ! そういえば結局誕生日のプレゼントなんてもらってないぞ! まったくもう!

まあいいや。来年の誕生日には、無事大学生になったムスメに祝ってもらいましょう。
もしかしたら大学生になったばかりで忙しく、母の誕生日なんて忘れてるかもしれないな。
それはそれで、祝われるよりもむしろ相当幸せなことであると、母は思うのであります。

プロフィール

おぐらなおみ

おぐらなおみ

マンガ家、イラストレーター。「子育てレインボウ」「育児バビデブー」「働きママン1年生」など著書多数。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A