警察官ってどんな職業? どうすればなれる?

世の中にはたくさんの職業があります。どんな仕事内容で、どういう人が向いているのか知っておくことは、自分の可能性を広げるためにも、大いに役立つでしょう。今回は「警察官」を取りあげます。

 

警察官とは?

「警察官」の仕事は、人々を混乱や危険から守り、安全な社会を維持することです。日本の警察は、国の警察機関である警察庁と47の都道府県警察から構成されています。一地方で発生した事件は、管轄の都道府県警察が担当し、広域犯罪や大規模な災害については都道府県警察が警察庁をまとめ役として協力しあって解決を目指します。警察官はみな、この組織に属しているということになります。

 

 

警察官の仕事の内容

 警察官は、交番勤務や交通取り締まり、交番での地理案内、パトロール、交通事故の処理、刑事事件の取り扱い、事件解決のための捜査など、所属によってさまざまな業務を手掛けます。事件や事故は24時間朝晩関係なく発生するため、警察官も配属される部署によっては夜間勤務が必要です。厳しい職場であるともいえますが、近年は職場環境の整備も進み、女性の警察官も増えてきました。

 

 

警察官になるために必要な資格

 各都道府県の警察官になるためには、二つのルートがあります。一般的には、それぞれの都道府県で実施される警察官採用試験を受験します。試験の区分などは都道府県によって違うため、間違いのないようしっかり確認しましょう。学科だけでなく、体力も非常に重視されます。もうひとつ、国家公務員採用試験に合格後、警察庁警察官として採用されるというルートもあります。

 また、皇室関係の警察官(皇宮護衛官)を目指す場合には、人事院が行う皇宮護衛官の採用試験を受験して、合格する必要があります。

 

 

警察官の将来性は?どんな性格の人が合っている?

  犯罪の多様化、高度化が懸念される現代、それに合わせて警察官の柔軟な対応が期待されています。科学的な捜査方法も導入され、今まで以上に注目されているといえます。

 犯罪を取り締まる警察官にとって最も重要なのは、正義感。秩序を重視し、和平を大切に考える協調性のある人が向いているでしょう。また、移動が多い、時間帯が不規則になる可能性がある、時には格闘もありうることなどから、体力、運動神経に自信がある人も、警察官として活躍できるでしょう。

 

参考:

警察官 | 大学・学部・資格情報 | Benesse マナビジョン

http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/019/

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A