テストの結果がダメだったら…。こんな言葉でケアしてあげよう

テストの結果が振るわなかった時、どんな声かけをしていますか? 保護者のかたの中には、「励ますつもりがいつの間にか説教モードになってしまい、険悪な雰囲気になってしまった」という経験をお持ちのかたもいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、お子さまがテストの結果を次への糧としてとらえられるようになる声かけについてご紹介します。


つい、言っていませんか?「だから、もっと勉強しなさいと言ったでしょ!」

 テストの結果がダメだった時、特にテスト前のお子さまの学習が不十分だと感じていた場合は、「だから、もっと勉強しなさいと言ったじゃない!」など、ついきつく叱ってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

しかし、お子さま自身、テストの結果がダメだったのは自分の勉強が足りなかったせいだと、言葉には出さずとも十分認識しているはずです。そのうえでさらに叱ってしまうと、「あなたは、本当にダメな子ね」と念押しされているように感じ、さらに自信を喪失してしまいます。

 

また、次のテストからは保護者のかたに結果を見せなくなってしまうということにもなりかねません。まずは、点数だけを見て叱らないということが大切です。

 

 

安易な励ましが逆効果になることも

 では、「こんなこともあるよ。次また頑張ればいいじゃない」という励ましの言葉はどうでしょうか? 叱られるよりは、お子さまの心は軽くなるかもしれません。しかし、場合によっては、「自分のショックをわかってくれない」「簡単に『頑張れ』って言うけど、どうすればいいの?」と、反発されることもあるかもしれません。

 

大切なのは、まず、お子さまがテスト結果に対してどのように感じているのかを聞いて、その思いに共感し、受け入れてあげることです。お子さまによっては、「テストなんてこんなものじゃない?」と、あまり気にしていないような受け答えをすることもあるかもしれませんが、それでもぐっと我慢。まず、その言葉に寄り添ってあげましょう。

 

一方、テスト対策を頑張っていたのに、結果が振るわず落ち込んでいた場合は、まず、努力したということ自体を認め、ほめてあげてください。そのうえで、なぜ、このような結果になってしまったのかを、お子さま自身が冷静に振り返ることができるように、より具体的な質問を重ねていきましょう。

 

 

「次にどうすればよいか」がわかると前向きになれる

 テストがダメだった時、保護者のかた以上に、お子さまは点数だけにとらわれていることが多いものです。そこで、「平均点と比べてどうだった?」「どこが特に難しかった?」などと、テスト内容に関する具体的な質問を重ねることで、「テスト自体が難しかったんだ」「基本問題はできているけど、応用の文章題ができていなかったんだ」など、客観的、具体的に、テスト結果を振り返ることができるようになってきます。この時、できなかったところだけではなく、できたところにも着目し、ほめてあげるとよいでしょう。

 

できなかったところが明確になってきたら「じゃあ、次に生かすために、どうすればいいかな?」「この教科の勉強時間を少し増やしてみようか」と、今後の対策を考えていきましょう。このように、「テストの結果を次にどう生かすか」がわかると、テスト結果が悪くても、お子さまは次回のテストに向かって頑張れるようになります。

 

定期テストなどでは、内申点がどうしても気になってしまいますが、その場合は、次のテストでどのくらい頑張ればよいかという具体的な目標を掲げられると、やる気につながるでしょう。やるべきことがわかったら、あとは気持ちの切り替えです。「できないところが見つけられてよかったね」というおおらかな気持ちで、お子さまの好きな料理やおやつを出してあげたりして、これまでの努力をねぎらってあげましょう。家族でカラオケなどに行って盛り上がるもよいかもしれませんね。落ち込んでいるお子さまの気持ちを切り替え、前に進めるようサポートしてあげてください。

 

 

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A