デマ拡散や著作権侵害、起きやすい子どものスマホトラブル注意点【メディアリテラシー編】

スマホを持つ年齢は少しずつ早まっていますが、子どものスマホデビューにあたって、気を付けるポイントは何でしょうか? 『しくじりから学ぶ 13歳からのスマホルール』の著者であり、スマートフォンアドバイザーのモバイルプリンスこと島袋コウさんに、子どものトラブル例と対策を伺いました。今回は、主にメディアリテラシー・情報リテラシー不足から起こるトラブルを解説していただきます。

この記事のポイント

不確かな情報(フェイクニュース・デマ)によるトラブル

【実例①】「コロナウィルスには○○が効く」というメッセージが知人から来たので、他の人にも知らせた。
【実例②】「このアカウントをフォロー&リツイートしたらプレゼントが当たる!」につられて、保険証の番号や写真を送った。
【実例③】生活の裏ワザ動画で見た、レンジを使ったテクニックをまねして火事になりかけた。

実例①は、フェイクニュースやデマの典型的な例です。2016年のアメリカ大統領選で問題になり「フェイクニュース」という言葉が世界中で知られるようになりましたが、デマや根拠の不確かな情報は、子どもの身近なところにもあふれています
実例①のように一見よさそうな情報だったり、こういう犯罪が起こっているから気を付けて、といった注意喚起だったり、ニュースになっている事件の被害者って実はこういう人だったらしいよ、という根拠不明な情報だったり。大小とにかくたくさんあります。

実例②のように、無料で参加できる懸賞などにつられる例も多いです。応募すると「補欠だからすぐに保険証の番号や写真を送るように」と言われ、送ると脅迫された、あるいは「落選したが、この情報を買えば大もうけできる」と情報商材の宣伝がたくさん届いた、という事例もあります。

実例③のような裏ワザ動画も、最近はやっています。たとえば、コンセントの配線はこうすると便利! と紹介されている生活テクニックも実は火災のリスクがあるなど、無害に見えて実は問題があるものも多くあります。

対策:「情報を見る目」をどう養う?

「ソースの確認」を習慣付けよう

ネット上の情報は玉石混交で、有益なものもあれば、事実に基づかないものもたくさんあります。信ぴょう性を見極めるには、ソース、つまり情報の出所の確認をすることが欠かせません。発信源が信じていいところかどうか、いったん落ち着いて検証するクセをつけることが必要です。

検索して出てきた情報なら、URLを確認すれば出所がわかることがあります。公的な機関や、報道各社のニュースであれば、ある程度の信頼性は担保されていますが、個人運営のブログや、具体的な証拠や根拠のないSNSでの情報は、他の情報源なども探してじっくり判断するように心がけましょう。

情報を見る時には、「事実」と「意見」の違いを意識することも大切です。ネットでは、簡単に情報が拡散されていきますが、その過程で、まるで伝言ゲームのように内容が少しずつすり替わり、新たな「事実であるかのようなもの」が生まれやすいことも、覚えておきたい点です。

「フィルターバブル」というネットの特徴

ネットの特徴として、アルゴリズムで自分に都合のいい情報だけが出てくる「フィルターバブル」という構造があります。都合の悪い情報は遮断し、バブル(泡)の中のように、自分にとって心地いい情報だけに囲まれてしまうのです。

情報が偏らないようにするためには、いろいろな情報を意識して取りにいくことが大事です。食事のバランスを心がけるように、情報もバランスを心がけましょう
ネットは速報性が高く、多くの情報が出てきますが、一晩おいて新聞記事、もうしばらくたって雑誌・テレビ・ラジオなどでも確認する、といったように、時間をかけて判断することも大切です。
どれが絶対に正しいというものではなく、メディアごとに特徴があるので、さまざまな角度から多角的に見るように心がけましょう。

著作権・肖像権の侵害によるトラブル

【実例④】レポート作成の時に、ネット情報をそのまま使ったら、ばれて怒られた。
【実例⑤】友人との写真をSNSに載せたら、友人から文句を言われた。

実例④は、先ほどの情報の信頼性の話にもなりますが、ネット上の情報は間違っているものも多くあります。
また、ネットの情報をコピペ(コピー&ペースト)しただけでレポートをまとめると、著作権の侵害になります。「人のコンテンツを盗む」のはいけない、ということですね。

実例⑤も、うっかりやりがちな例ですが、他の人の写真を撮影してアップロードすると肖像権の侵害になります。たとえば芸能人を見かけた時なども、本人に撮影と投稿の許可を取ったのであればいいのですが、無許可だとNGです。写真でなくても、この場所で誰々を見た、といった目撃情報をネットで見かけることがありますが、あれもプライバシー権の侵害となる可能性が高く、迷惑をかける可能性があります。

対策:著作権や肖像権、正しい知識を得る

引用のルールを知って、著作権を守る

ネット上の情報をコピペしてレポートや論文を書くと著作権侵害になりますが、「引用」という形で利用することは可能です。引用にはいくつかの条件・ルールがあって、出典を明示し、どこからが自分が書いた文章で、どこが引用なのか、明確にわかるように書きます。大事なことは、自分の伝えたいことがメインになっていること。それを補うために引用する分には構いませんが、あくまでも調味料であり、自分の料理として出してはいけません。

引用のルールを知っておくと、いろいろな記事を見た時、情報の信頼性を判断することができます。これは引用の条件を満たしていない雑な記事だから怪しいな、といった感じですね。一朝一夕には身に付きませんが、今の時代、覚えておくべき内容です。

肖像権やプライバシー権は誰もが持っている

肖像権は誰もが持っている権利です。友人と写った写真を勝手に公開すると肖像権の侵害ですし、そもそも載せたくない人もいるので、友人関係にも影響します。また、子どもの写真を親が勝手に投稿するのもNGです。人の写真を載せるなら許可を取る、モザイクを入れたり消したりするアプリを利用する、と覚えておきましょう。

まとめ & 実践 TIPS

日頃から情報の信頼性を確認するなど、親の情報への接し方を見せることも、子どものメディアリテラシー教育につながるのではないでしょうか。
次回は、スマホによるコミュニケーションのトラブル例について解説していただきます。

(取材・文/荻原幸恵)

>>いじめ、ネット炎上、起きやすい子どものスマホトラブル注意点【コミュニケーション編】
>>知らない人を信用して会ってしまう。子どものスマホトラブル注意点【犯罪リスク編】

プロフィール

モバイルプリンス/島袋コウ

モバイルプリンス/島袋コウ(しまぶくろ・こう)

1987年、沖縄市出身。お笑い芸人・携帯電話ショップ勤務の経験を生かし、スマホ・ ネット活用の方法を楽しく、わかりやすく伝える。琉球新報の小中学生新聞「りゅうPON!」での連載や、RBCiラジオ「アップ!!」木曜コメンテーターなど、さまざまな場所で情報を発信。2020年、初の著書『しくじりから学ぶ 13歳からのスマホルール』(旬報社)を出版。

特に乳幼児期は、保護者の子どもへの接し方がとても大切です

  • トイトレの第一歩は、オムツはずれのイメージづくりから
  • 子どものしつけは、クイズ形式にするとうまくいく
  • 子どもが友達と揉めた時、すぐに介入するのはNG

このように、子育てをするうえで知っておきたい情報はたくさんあります。

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/

ベネッセ教育情報サイト
公式アプリ

乳幼児から中学生まで、子育ての悩みごとに専門家やプロのアドバイスをお届けしています。

そのほかにも、お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信。学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスも満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A