共働き家庭ってどうしてる? 家事・育児・プライベートの3つを両立するコツはパパ育て

共働きの子育て世帯が増えてきました。仕事と家庭を両立させながら、自分の時間を持つことは大変なことでしょう。けれど、共働きだからこそ夫婦で上手く分担しお互いの負担を思いあって軽くしていくことができるはず。
ママばかり・パパばかりが大変な思いをしていると家庭運営もぎくしゃくしてしまいますよね。仕事を持つママ・パパが上手く仲良く家庭生活を送るコツを考えてみましょう。

この記事のポイント

家事の分担について家族で積極的に話そう

ママもパパも忙しい毎日。なかなかゆっくりと会話をする時間も持てないですね。けれど、家事の分担や、担当する育児についてちょっと話してみませんか。
ママにできること、パパにできること、時間のあるときに双方ができることなど、ピックアップしてみましょう。
もちろん決めたことを絶対に守るというのは難しいこともあります。できていなかったり忘れていたりすることもあるでしょう。お互いにフォローや声を掛け合いながらできるとよいですね。
けれど感謝の気持ちを忘れず、言葉にして「ありがとうね!」と伝えあえると気持ちよくできるはずです。
お互いのしていることを当たり前と思わずに、「してくれたんだな、ありがたいな」という気持ちを持ち、「ありがとう」と言い合える関係は、きっと子どもにも良い影響を与えることでしょう。

「ママだけ大好き!」な子を、パパ好きに仕向ける作戦も考えよう

家事はともかく育児については「ママがいいの」「パパはあっちいって!」なんていうお子さまの話はよくあります。パパも初めは子どもに付き合ってくれますがだんだん面倒になり、子どものことはママに任せきりになってしまってはいませんか?

それなら、パパじゃなきゃだめな子どものお世話を少しずつ増やしましょう。例えば男性でも上手く行きやすい育児として
 ● 夕食後、眠るまでのくつろぎの時間を一緒に過ごす
 ● お風呂に一緒に入る
 ● お休みの日に散歩やドライブに行く、子どもとランチをする

などは、いかがでしょうか。
パパと過ごすのが楽しい! と子どもに思ってもらえたらラッキーですね!きっとパパも育児の楽しい部分を実感することでしょう。
週末やお休みの日は、このような感じでパパに育児をお願いしてみましょう。お休みのたびだとパパも疲れるので、隔週育児もいいですね。お互いがゆっくり一人で過ごせる時間を作ると心も体もリフレッシュできるのではないでしょうか。

時には家族そろって&夫婦二人の時間も作ろう

パパと子どもで過ごす休日、ママと子どもで過ごす休日のほかにも、もちろん家族そろって過ごす休日も大切にしましょう。
また、時には夫婦二人だけの時間も作りたいですね。普段から気になっていることを話したり、時にはロマンチックな時間を過ごしたりして、夫婦仲を取り戻すことも大切です。育児のことだけではなく、仕事の悩みを打ち明けあったり、将来の夢について話したりするうちに、2人の結束も高まるのではないでしょうか。

まとめ & 実践 TIPS

夫婦で話し合いながら家事や育児を分担することで、お互いの心や体、時間の負担を軽減できるはず。そしてお仕事を抱える夫婦には、一人の時間も必要です。そういった時間を持てることで、心に余裕ができ、明日からの育児や仕事も頑張れるのではないでしょうか。お互いに感謝の気持ちを持てるようにもなり、家庭も円満になるでしょう。
家族の幸せのためにも「分担」と「感謝の気持ち」で家事と育児、プライベートを両立していきましょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A