赤ちゃんの突発性発疹ってどんな病気?感染するの?

生後6ヵ月から2歳頃までにほとんどの赤ちゃんが経験する「突発性発疹」。元気だった赤ちゃんが突然高熱を出すため、特に初めてのママ、パパは驚く方が多いようです。しかし、突発性発疹は症状などが比較的はっきりしていてわかりやすく、また深刻な副作用もあまりないといわれている病気。慌てずしっかり対応すれば問題ありません。子どもなら誰もがかかる感染症のひとつとして、突発性発疹について知っておきましょう。

発熱は3〜4日、高熱があっても比較的元気

 突発性発疹は、38〜40度を超える熱が出ることもありますが、発熱の期間は3日から4日ぐらい。特徴としては赤ちゃん本人はいたって元気。家でもご機嫌で遊びまわるかもしれません。ただし、熱は高いので水分補給には十分気をつけ、念のためけいれんやその他の症状が出ないか(突発性発疹以外の病気の可能性もあるため)見守ってあげてください。少しうんちが緩くなったり、下痢になったりすることもあります。

3日程度の高熱が続いた後、体温は急激に下がります。発熱時よりこの頃のほうが、赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまうことが多いようです。そして、熱が下がった頃によく見ておきたいのが赤ちゃんの肌。解熱直後から翌日くらいの間に、細かな赤い発疹が現れます。これが突発性発疹の最大の特徴です。お腹や背中を中心に広がりますが、非常に色が薄く気づきにくい場合もあります。

突発性発疹の感染力は非常に低い

 突発性発疹は、「ヒトヘルペスウイルス6型」というウイルス(一部は「ヒトヘルペスウイルス7型」)に初感染することにより発症するもの。ウイルスが原因ですのでうつる危険はありますが、風邪やインフルエンザなどに比べると非常に感染力が低いため、解熱さえすれば登園や外出も可能です。

また、突発性発疹は1度経験すれば抗体ができ、同じウイルスが原因で再び発症することはありません。ただし、上記でご紹介したように、原因となるウイルスは2種類ですので、子どもによっては2回突発性発疹を経験することもあります。

小児科には行かなくていい?

 原因も対処法もわかっているし、特効薬などがないのなら病院に行かなくてもいいかな、と考える方もいるかもしれません。が、問題は突発性発疹にかかっても、最初から突発性発疹だと判断するのは難しいでしょう。区別しにくい別の病気などもありますので、念のため小児科を受診すると安心です。先生にケアのアドバイスなどをたずねておくといいですね。赤ちゃんの発熱については、いつも「大事を取って」「念のために」という考え方で行動するとよいのではないでしょうか。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A