らくらく☆にこにこ離乳食レシピ 三色牛丼

赤ちゃんの体の発達にあわせて、大人と同じものが食べられるまでに近づけて行く離乳食。カミカミ期(9〜11ヵ月頃)は、奥の歯茎を使って食べ物をかむ練習をする時期。3回食になって生活リズムもできてきます。モグモグ、ゴックンが上手になって、食べられる食材が増えてきたら、少し歯ごたえのあるかたさに進めてみましょう。今回は、簡単にできる三色牛丼の作り方をご紹介します。

◆材料
牛ひき肉…15g
にんじん…5mm厚さの輪切り1枚
いんげん…3cm
A しょうゆ、砂糖…各少々
だし汁…大さじ3
水溶き片栗粉…少々
5倍がゆ…90g

◆調理時間の目安
20分(おかゆを作る時間は除く)

◆材料費の目安
20円(1食あたり)
◆作り方
【1】にんじんといんげんはやわらかくゆでて7mm角に切る。
【2】フライパンに牛ひき肉とA、だし汁を入れ、ひき肉をほぐして煮汁となじませてから火にかける。
【3】肉の色が変わってきたら【1】を加え、煮立ったら水溶き片栗粉を加えてよく混ぜ、再び煮立ててとろみをつける。
【4】5倍がゆに【3】をのせる。
◆おすすめポイント
9ヵ月になったら、そろそろ牛・豚肉もOKです。初めは赤身のひき肉などがよいでしょう。鶏ひき肉同様、あらかじめ煮汁と混ぜ合わせてから加熱すると、固くなりにくいもの。水溶き片栗粉でのとろみづけも併用して、食べやすさアップ。

監修/若宮寿子

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A