お子さまの中学校選び 何から考えていけばよいの?【中学受験】

「友だちが別の中学校に行くんだって!」
小学校中学年、高学年のお子さまがいるご家庭では、ある日、お子さまからそんな報告をきくことがあるかもしれません。
このような出来事がきっかけで、ご家庭で今後のお子さまの進路についてお話しされることもあるかと思います。
はじめて中学校選びを考えてみることになったご家庭向けに、中学校選びの基本情報をお伝えします。

お子さまに最適な環境選びを実現するために

小学校中学年のお子さまがいるご家庭では、小学校も間もなく折り返しですね。
この時期になるとすでに中学受験を決めて、特別な準備を始めているご家庭もあると思います。
どこの中学校に通わせるのか……
まだはっきり決めておく必要はありません。
ただ、どんな環境で学ばせてあげることがお子さまの個性を伸ばし、成長につながるのか。
自信をもって、お子さまに最適な環境選びを実現するためにも、少し先のことを見すえて、考え始めてみませんか?

中学受験で最適な環境選びを実現するための3つのポイント

1 まずはお子さまのことを一番に考えてあげましょう。

まわりが受験するからうちも…ということではなく、まずはお子さまの気持ちを大切に、どうしたいのかを聞いてあげてください。そのためにも、私立中学と公立中学の違いなどをしっかりとお子さまに教えてあげましょう。

2 どんな環境で学ばせたいのかをしっかり考えましょう。

どの中学校にもよい点はたくさんあります。その中でお子さまにとってメリットが一番大きな環境はどこなのか、またその環境で学ばせることで将来どんな人に成長してほしいのかを、考えておくことが大切です。

3 「中学受験」をすることを決めたら、まずはご家庭でじっくり「中学受験」について話し合いましょう。

いざ、「中学受験」をすると決めたら、志望校を選ぶための情報を集めたり受験対策の学習法を検討したりと、やることはたくさんあります。ご家庭で目標を共有し、納得して受験対策のはじめの一歩を踏み出すことで、お子さまと一緒に6年生までの受験期間をがんばり抜くことができます。

まとめ & 実践 TIPS

お子さま一人ひとりの個性が違うからこそ、中学校選びも決まった正解はありません。
中学校は、お子さまの性格や成績はもちろん、やりたいことや友達関係など、お子さまの今とこれからをしっかり見極めて選んであげてください。

プロフィール

森上展安

森上展安

森上教育研究所(昭和63年(1988年)に設立した民間の教育研究所)代表。中学受験の保護者向けに著名講師による講演会「わが子が伸びる親の『技』研究会」をほぼ毎週主催。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A