プログラマーとは?仕事内容や生活スタイルについて解説

小学校や中学校でもプログラミング教育がはじまったことで、注目され始めている職業のプログラマー。「難しい仕事」や「忙しい仕事」といったイメージをもつ人もいますが、実際にはどんな仕事なのでしょうか。プログラマーの仕事内容や生活スタイルなどについて解説します。

この記事のポイント

プログラマーとは?

コンピューターを動かすための「特殊な言語」を使ってプログラムを組み、システムやソフトウェアなどを作る事を「プログラミング」と呼びます。
そのプログラミングを専門的に行う職業を、プログラマーと呼びます。

プログラミングは、最近ではコンピューターの世界だけではなく、家電などにも組み込まれる時代になっているため、身近な製品にもプログラマーの技術が多数使われています。
そのため、今やプログラマーは私たちの生活にはなくてはならない仕事の1つとなっています。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容は、コンピューターを動かすための「特殊な言語」を使用して「コードを組む」ことが主な仕事です。
コンピューターを動かすための「特殊な言語」は、「プログラミング言語」とも呼ばれ、代表的なものに「Ruby(ルビー)」や「JavaScript(ジャバスクリプト)」、「PHP(ピーエイチピー)」などがあります。
それぞれの言語で特徴があるため、プログラマーはそれぞれの言語についてしっかり学び、目的に応じて使い分けをするスキルが必要です。

プログラマーは会社の指示に従って黙々とコードを組み続けるイメージがありますが、プログラマーがどんなスキルを持っているか、どんな経験があるかによっては与えられる仕事も異なり、ゲームの設計などのクリエイティブな仕事に携わることもあります。

プログラマーはシステムエンジニア(SE)と間違われることもありますが、「システムの仕様書を作成」するのがシステムエンジニア、「仕様書に沿ってコードを組む」のがプログラマーなので、どちらのスキルも持っていると貴重な人材として重宝されます。

プログラマーの生活スタイル

「プログラマーは激務」というイメージを持っている人もいますが、基本的には「進行中のプロジェクトの有無」によって仕事の忙しさが大きく異なります。

プロジェクトのスタート直後や納期が迫った「追い込み期」はかなり忙しくなります。
一方、プロジェクトとプロジェクトの合間などの落ち着いている時には、追い込み期を見据えてなるべく定時で帰宅するプログラマーが多いです。

また、プロジェクトの進捗に合わせてプロジェクトの開始直後もなるべく早めに帰れるようにしたりする人もいますが、一番忙しい「追い込み期」になると、日付を越えたタイミングで帰宅することも増えます。
終電が無くなって会社に泊まるというプログラマーもいますが、複数言語を習得したり経験を積み、フリーランスに転身することで自由な働き方を手に入れることも可能です。

まとめ & 実践 TIPS

プログラミング教育の必修化に伴い、プログラマーに興味を持つ子どもが増えています。細かな作業が好きな子どもや、コツコツと作り上げる事が好きな人に向いている職業でもありますので、子どもがプログラミングやプログラマーに興味を持ち始めた際に、大人と子どもでプログラマーという仕事について話してみるのもよいでしょう。


出典:プログラマーってどんな職業?どうすればなれる?(ベネッセ教育情報サイト)
URL https://benesse.jp/juken/201503/20150312-6.html

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A