この気配りはアリなのか? なう。[おぐらなおみの「もういちど受験なう。」~浪人・再チャレンジ編~]

++この気配りはアリなのか? なう。++

空気は澄み、キンモクセイの香りも漂い、ああさわやかな秋の日よ……。

ここはひとつ「気分転換に日帰り温泉でも行こうじゃないか!」とムスメに提案してみても、
「予備校に行くからいい……。」と言われて、なんかこう腑に落ちません。

いや、別に無理やり遊びに誘おうと思ったわけではないんですよ。
ちょっとした雑談時に、「ウィークデーは予備校で必死に勉強する。週末に1日くらいは
気分転換にちょっと休もうかな。」などと言っていたので、授業のない日に誘ってみたのに、
「そういう気分にはなれないから。」と断られたのでした。

さびしい。さーびしいーなあああああ!


そうでなくても、最近のお母さん(私)の気配りはマトが外れているようで、
いちいち、「そういうことは言わないでほしい。」と、訴えられることも多い。
こちらとしては、「なんなのよ、もう……。」という感じです。

しかし、第一志望の大学名を耳にしたくない、というのは意外でした。
それだけプレッシャーがあるのか? それとも自信のないことの表れか……?

ムスメが浪人しているというと、「親御さんも大変でしょう?」といたわりのお言葉を
いただくこともあるのですが、実際のところはそれほど親が苦労する場面はありません。
むしろ現役のときのほうが、何かと忙しかったような気がします(高校にもよく行ってたし)。

現在は、ムスメがひとり孤独に耐えつつ、歯を食いしばり血の涙を流し、受験のプレッシャーと
闘っているような気がして切ないのです。

サポートをしたい、励ましたい、勇気づけたい、ごはんをいっぱい食べさせたい、
睡眠は足りているか、友人関係で悩んでいることはないか、疲れると出てくるじんましんの
症状はどうか、かゆかったら薬を塗ってあげたい、かゆくないのなら一緒に喜んであげたい、
そして何よりも何よりも、第一志望に合格させてあげたい。

イライラするムスメの言動に、カチーンとすることもあります。しかしながら、
「なんか、浪人しちゃってごめんね、迷惑かけちゃった。」なんてさりげなく言われて、
その場ではなんとかこらえても、布団の中でウォーウォーと嗚咽(おえつ)し、
猫に逃げられるワタクシ。(ごめんよ、猫……、つうか慰めてくれよ、猫……。)


空気は澄み、キンモクセイの香り漂う秋の日にも必死で勉強しているムスメに、
あなたは立派だよ、と心の中でつぶやき、ムスメの大好物のプリンを差し入れしたのでした。

……お母さんの分もペロッと食べたムスメ……、うん、いいよいいよ(本当はよくない)。

プロフィール

おぐらなおみ

おぐらなおみ

マンガ家、イラストレーター。「子育てレインボウ」「育児バビデブー」「働きママン1年生」など著書多数。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A