中高一貫校生の通塾率は、成績や学年に関わらずほぼ40%と一定

通塾率は、成績層とは関係がない?

上のグラフは、中高一貫校生のうち塾に通っている生徒の割合を、成績層別で学年ごとに表したものです。成績上位層、下位層ともに、学年が上がるにつれて通塾率が少しずつ上昇するものの、その値は3年間通してほぼ「40%」です。
全体の40%が塾に行っているというと、高校受験のない中高一貫校生にしては「多い」と驚く方もいるかもしれません。
ただ、成績層別に見ても差があまり見られないことから、この数字は、成績上位層であるか、下位層であるかということとは、それほど関係がないようです。

成績層によって差が見られるのは、「毎日の学習時間」

次に、下のグラフは、中高一貫校生の平日の学校の授業・塾以外の学習時間を、成績層別で学年ごとに表したものです。
成績上位層の生徒は、3学年すべてで半数以上が一日の学習時間を1.5時間以上取っているのに対し、成績下位層では、一日に1.5時間以上勉強している人は半数以下。学年が進むにつれて学習する時間は減り、中学3年生時は、その数は3割にも達していません。
このことから、成績上位層と下位層の差につながっているのは、「塾に通っている率」ではなく、「毎日の学習時間」だということがわかります。

家庭での学習時間を検証してみましょう

お子さまの定期テストの結果がふるわなかったときや、通知表の評価が下がったとき、選択肢として「塾」が浮かぶご家庭もあるかもしれません。
でも、データが示すとおり、成績と関係が見られるのは「塾に行っているかどうか」ではなく「一日にどれだけ学習時間を取っているか」です。
勉強方法の見直しを迫られたら、「塾に行くかどうか」の前に、まず「学習時間が不足していないか」を検証してみてはいかがでしょうか。それが、生活を急激に変えることなく、お子さまに合ったペースで勉強方法を改善していくための第一歩でもあるのです。

【中1生のお子さまには】

毎日、1.5時間をめやすに一定の学習時間を確保する習慣をつけるよう、声をかけてあげてください。

【中2・3生のお子さまには】

現在の家庭学習時間をいっしょに振り返り、お子さまが無理なく学習を続けられるペースをつかめるようサポートしてあげてください。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A