成績上位者は、平日1.5時間以上勉強している。

学習時間と成績は比例する!

このグラフは、中高一貫校生の中3秋時点の「授業がある日の平日の学習時間」を表したグラフになります。データ を読み取ると、成績上位者と成績下位者で、1.5時間を起点に大きく差が開いていることがわかります。

中高一貫校の授業は、スピードが速く内容がどんどん難しくなっていきます。習ったことをベースに次の授業が積み重なって進んでいくので、日々の予習や復習が重要になります。これまでの生活をお子さまと振り返り、学習時間にあてられそうな時間がないか、時間の使い方について、平日の学習時間「1.5時間」を目標に、まずは、お声かけをして、話し合われることをオススメします!

生活時間を固定化させ、新学期好スタート!

中高一貫校生は、高校受験がないぶん、じっくり勉強や将来の進路検討をすることができるのが特長の1つです。

しかし、その反面、目標設定がしづらく、長い中だるみに陥るお子さまも少なくありません。中だるみを防ぐには、毎日の学習のペース作りが重要になってきます。起床時間、勉強開始時間、就寝時間の3つの時間を固定化することで、中だるみに陥りにくい生活・学習リズムを作ることができます。

まずは、平日の学習時間「1.5時間」を目標に、新学年のこの時期、気持ちも新たにこれまでの生活・学習スタイルを見直し、好スタートが切れるよう、3つの時間をお子さまと話し合われて、きめられてはいかがでしょうか?

【中1生のお子さまには】

3つの時間を決めて、中学校での学習・生活ペースをつかみましょう!

【中2・3生のお子さまには】

学習時間を増やすために、スキマ時間など、どの時間が使えそうか考えてみましょう!

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A