おうちで気軽に英会話! 低学年から気軽に使えるおすすめの英語フレーズをご紹介

外国語活動の開始は小学3年生からですが、小学1年生や2年生から活動が始まる学校も少なくありません。
小学校低学年から英語を身近に感じてもらえるように、おうちの中で英語のフレーズを取り入れることをおすすめします。そこで本記事では、生活の中で気軽に使える英語のフレーズをシーン別にご紹介します。

この記事のポイント

朝におすすめ「It’s time to~(~する時間だよ)」

まずは、朝のフレーズです。朝のあいさつをはじめ、気軽に使える英語のフレーズが多くあります。

まずは、Good morning!とお子さまに声をかけてみましょう。
また、It’s time to~で始めるフレーズは「~する時間だよ」と伝える表現で、日常のいろいろなシーンで使うことができます。

出かけるときの持ち物確認にはDo you have your~?を用いたフレーズがよく使われます。yourのあとには、確認したい持ち物の名前が入ります。そしてお子さまに何かを一緒にしようと声をかけたいときは、Let’sから始めるフレーズが便利です。

起床~朝ごはん

・Good morning!(おはよう!)
・It’s time to wake up.(起きる時間だよ。)
・Did you sleep well?(よく眠れた?)
・Let’s have breakfast.(朝ごはんを食べよう。)

朝の準備

・Wash your face.(顔を洗ってね。)
・Brush your teeth.(歯をみがいてね。)
・Let’s change your clothes.(服を着替えよう。)

登校やお出かけ

・Ready to go.(お出かけの準備だね。)
・Are you ready?(準備はできた?)
・Do you have your hat ?(ぼうしは持った?)
・Let’s go out!(出かけよう!)

  • ・It’s time to ~.(~する時間だよ。)
  • ・Let’s ~.(~しよう。)
  • ・Do you have your ~?(~は持った?)

帰宅時は「How was ~?(〜はどうだった?)」

次に、放課後から夜にかけてのフレーズをご紹介します。お子さまが学校から帰宅したときは、「おかえり」という意味のYou’re back.と声をかけてみましょう。
また学校での様子などを「〜はどうだった?」と尋ねたいときは、How was ~?のフレーズが便利です。

学校から帰ってきたとき

・You’re back.(おかえり。)
・How was today?(今日はどうだった?)
・How was the test?(テストはどうだった?)
・Did you have a good time?(楽しかった?)
・Wash your hands.(手を洗ってね。)
・Snack time!(おやつの時間だよ!)

勉強や宿題の時間

・It’s time to study.(勉強する時間だよ。)
・Do your homework.(宿題をしてね。)

寝る準備から就寝まで

・It’s time to take a bath.(お風呂の時間だよ。)
・Let’s take a bath.(お風呂へ入ろう。)
・It’s time to sleep.(寝る時間だよ。)
・Good night.(おやすみ。)

  • ・You’re back.(おかえり)
  • ・How was ~?(~はどうだった?)

ほめる言葉は「Good job!」「Nice try!」

お子さまに、止めてほしいことや、控えてほしいことを伝えるときは、Please refrain from ~.や、Don’t ~.などの表現を使います。
気をつけてほしいときにはWatch ~.が便利です。また、お子さまはほめられることで自分が認められたと感じて自己肯定感が高まります。英語でほめるフレーズを取り入れてみてはいかがでしょうか。

禁止や注意

・Please refrain from talking now.(今はしゃべらないでね)
・Don’t touch.(触ってはいけません。)
・Don’t jump.(飛んではいけません。)
・Watch out!(あぶない!)
・Watch your step.(足元に気をつけて。)
・Watch your mouth!(口のきき方に気をつけて。)

ほめるとき

・Good job!(がんばったね!)
・Good boy(girl)!(いい子ね!)
・Nice try!(おしかったけど、よく挑戦したね!)
・Well done!(よくがんばったね!)

  • ・Don’t ~.(~してはいけません。)
  • ・Watch ~.(~に気をつけて。)
  • ・Good job!(がんばったね!)

まとめ & 実践 TIPS

シーン別に気軽に使える英語フレーズ、いかがでしたでしょうか。
お子さまに英語で話しかけたあとは、一緒に簡単な返事のフレーズも伝えてみるのもおすすめです。
例えば、Are you ready?と尋ねたあとの「うん!」のお子さまの返事に、あえて英語のお返事を混ぜて「そうだね、Yes!だね。」というように、少しずつ対話になることで英会話への親しみがより増してきます。
おうちで楽しく英会話をすることが、英語を楽しく身につけるきっかけになれば幸いです。

株式会社プランディット 英語課 梶田(かじた)
編集プロダクションの株式会社プランディットで、進研ゼミを中心に、小学校から高校向けの英語の教材編集を担当。

プロフィール

株式会社プランディット

1988年創業のベネッセ・グループの編集プロダクションで,教材編集と著作権権利処理の代行を行う。特に教材編集では,幼児向け教材から大学入試教材までの幅広い年齢を対象とした教材・アセスメントの企画・編集を行う。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A