ちょっと待って! 子どもの勉強嫌い、保護者の間違った声かけが原因かも

「うちの子、勉強嫌いで……」と悩んでいませんか? 「私も勉強のサポートをしてるのにどうして」とモヤモヤする気持ちもあるかもしれません。
でも、ちょっと待ってください。もしかしたら、子どものためを思っての言葉が、お子さまの意欲を削いでしまっているかもしれません。保護者が勉強を見る際の4つのNG言動に心当たりはないか見ていきましょう。

この記事のポイント

NG1:「早くしなさい」「丁寧にやりなさい」「見直ししなさい」という曖昧な指示

子どもは、曖昧な指示をされるとどうすればいいのかわからず、戸惑ってしまうものです。お子さまにアドバイスや指示をしたいと思った際には、具体的な内容にまで落とし込むようにしましょう。

たとえば、「早くしなさい」であれば「15分でこのページを終わらせよう」と具体的な時間まで伝えると、目安がわかって子どもも理解しやすくなります。

「丁寧にやりなさい」であれば、「漢字はトメ・ハネまできちんと書こう」「算数は、途中の計算も書いてね」と伝えるとよいでしょう。

「見直ししなさい」については、見直しのやり方まで教えてあげることが大切。「まずは、解き忘れがないかチェックしよう」「次に、自信がない問題を確認するといいよ」「単位の書き忘れ、送り仮名の抜けなどないかも見落としがちなポイントだよ」と、順番や見るべきポイントを伝えるようにしましょう。

NG2:「どうしてこんなのがわからないの!」「どこがわからないの!」という詰問や呆れ

子どもが簡単な問題を間違えたときや、解き方がわからず手をつけられない様子を見たときなど、つい「なんでわからないの!」とイラ立ってしまうこともありますよね。

でも、イラ立ちを子どもにぶつけるのは絶対NG。子どもは、責められている、叱られていると頭が真っ白になってしまいます。

子どもをサポートしようと「どこがわからないの」とも聞いてしまいがちですが、これも要注意。どこまでわかっていて、どこからわからないかを子ども自身が自分の言葉で説明するのは、難しいものです。「どこからわからなくなったのか一緒に見ていこっか!」と声をかけ、つまずきの箇所を一緒に探すサポートをするようにしましょう。

NG3:長くて冗長すぎる解説

子どもの「わからない」をサポートしてあげようと、ついつい説明が盛りだくさんになってしまったという経験はありませんか? 詳しすぎる説明は、逆に子どもの理解を阻害してしまうこともあるので注意が必要です。良かれと思っての丁寧な解説が落とし穴となってしまいます。

子どもは一度に大量の情報を処理することはできません。あれもこれもと解説しすぎると、情報量が多すぎて何を説明されているのかがわからなくなってしまいます。

一度に理解できることは1つか2つと心得て、1つ理解できたら次の説明にうつるというスモールステップ式解説を心がけましょう。

NG4:できたこともスルーする

子どもができなかったり、わからなかったりするところはフォローしていても、できたときにはスルーしてしまっていませんか? 保護者にとっては「できて当たり前」と思える問題も、子どもにとってはハードルが高いことも多いものです。

せっかく苦労して取り組んだのにスルーされてしまったら、子どもはどんな気持ちになってしまうでしょうか? 「できたね、すごい!」「時間通り! やったじゃん!」など子どもの努力を受け止め、褒める言葉を忘れないようにしましょう。

努力を認めてもらえたという経験が、子どもの勉強への意欲を押し上げることになるはずです。

まとめ & 実践 TIPS

子どものために良かれと思って発した言葉が、逆に子どもを戸惑わせたり、やる気を奪ってしまったりということは往々にしてあるものです。
アドバイスは具体的に、わからないところを一緒に探すサポートをする、長すぎる説明をしない、褒めることを忘れない。4つの点に注意して、お子さんの勉強嫌いの芽を摘み、「頑張ろう」という気持ちを後押ししていきましょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A