英才教育・早期教育はやり方が重要! 子どもの個性を上手に伸ばす方法とは

子どもたちがそれぞれ持っている「得意なこと・優れた力」を育て、伸ばしていくための英才教育や早期教育。多くの保護者が内容や量は違えど、我が子のためにと実践している場合が多いと思います。

しかし優れた能力だけを集中して伸ばすのみでは、将来のお子さまに大きな影響を与えてしまうことも。長い人生を幸せに生きてもらいたいからこそ、適切な英才教育・早期教育ができるよう意識したいものです。

この記事のポイント

英才教育・早期教育の内容や違いとは?

早期教育とは、一般的な平均よりも早い段階の教育を行うことで、年齢は問いません。例えば小学1年生で小学4年生レベルの学習をさせることは「早期教育」だと言えるでしょう。そして英才教育とは早期教育なども含めて、その子が持っている優れた能力を伸ばすためにおこなわれる教育のことを言います。

「英才」は≪優れた才能≫という意味。子どもの頃から保護者や先生についてずっとスポーツを学んできたスポーツ選手などは、英才教育を受けたと言えるでしょう。

英才教育は誰でもできますが、すべての人が将来、満足できる結果を得られるわけではありません。そのため英才教育を受けたけれどまったく別の分野へ飛び込むかたや、大人になってもずっとストレスを抱え苦しんでしまうかたもいます。確実な正解がないからこそ難しいもの、それが「英才教育・早期教育」なんです。

英才教育・早期教育で陥りやすい「失敗」

小さな頃からの英才教育・早期教育の難しさとして「子ども自身が選びにくい」ことがあります。大人は多くの選択肢を知っているからこそお子さまに最適・最短な教育を与えたいのですが、お子さまはそもそも選択肢を知らないがゆえに「そうせざるをえなくなっている」場合があります。

とくに気を付けたいのは、保護者がお子さまに対し「あなたはこれが上手なんだから他はやらなくていい。これを集中して練習しよう」などと言ってしまう場合です。お子さまは一点集中で得意を伸ばすことで素晴らしい才能を開花させられるかもしれませんが、いざそれにつまずいてしまったときや別の道へ進みたくなったときに「どうすればよいか分からない」という状況に陥り、大きなストレスを抱えてしまう可能性も。

■押し付けるのは良くない、でも自由だと決まらない

反対にいろんなことを経験しつつ、自身が「これをやりたい」と決めて努力するなら、いろんな経験から学んだ技術や知識を生かしながら進むことができます。失敗しても選択肢が多いため、また自分で決め直して進めるので悩みやストレスも小さくて済むでしょう。

ただしこの「なんでも経験させる」タイプの英才教育は、自分の才能とやりたいことにミスマッチが起きる可能性も高く、才能をうまく生かせない場合も。上手に才能を生かすには、やはり保護者がお子さまをしっかりと見て、適切な環境を準備することが大切です。

楽しさの延長に学びがあることを意識するべし

保護者がお子さまを見る場合、どうしても「一般的な年齢層よりも上手にできていること」を特技・才能だから伸ばしてあげたい、と感じてしまいがちです。しかし本当に見るべき部分はお子さまが「好き」なこと。得意ではないし他の子よりも上手ではないけれど、好きだからずっとやりたいと思っている……それを伸ばせる環境づくりをしてあげるのが「英才教育・早期教育」のコツといえるでしょう。

■お子さまの「好き」を見つける方法は?

その「好き」を見つける方法は、いろんなことに対して「指示」をするのではなく「様子見」をすること。指示で行動を制限してしまうと分かりにくいですが、お子さまが自由に行動するなかには、きっと「好きなものに向き合う時間」が多く含まれているはずです。それを見逃さないようにして、どうすれば伸びるか・生かせるかを考えてサポートすること。それが保護者にできる、お子さまのための英才教育です。

まとめ & 実践 TIPS

勉強できる環境を整えて得意な分野に力を入れ、素晴らしい学校へ入り学ぶこと、そしてお子さまの好きなことを伸び伸びと自由に楽しませてあげること。どちらも将来のお子さまに役立つ経験となるのなら、立派な英才教育だと言えるでしょう。

大切なのはお子さま自身が、人生を幸せに楽しめることです。保護者はお子さまをしっかりと見て、適切な英才教育の環境を整えてあげられるとよいですね。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者の方は多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ別診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A