子どもの矯正箸・しつけ箸は使わない方がいいの? メリットとデメリットをご紹介

近年よく目にするようになった、矯正箸やしつけ箸。「早く箸が使える」ということで、気になっているかたもいるでしょう。ただ、矯正箸・しつけ箸はメリットばかりではありません。今回は、これらの箸の気になるメリット・デメリットをご紹介します。

この記事のポイント

早くから箸を使える?! 矯正箸・しつけ箸の特徴とメリット

矯正箸・しつけ箸にはさまざまなタイプがあります。箸の上部がつながっていたり、指を固定するためのリングや出っ張りがあったり……。普通の箸に取り付けるタイプのものもあります。

箸がバラバラにならないので、小さな子どもでも無理なく持てることが特徴。リングに指を入れれば、指先の力がなくても箸で食べ物をつかむことができます。自然と正しい形で箸を持てるので、大人もそれほど指導する必要はなく、子どももストレスがたまりません。

ただしこれらは、矯正箸・しつけ箸を使っている時のメリット。普通の箸に移行しようとすると、デメリットも生じてきます。

結局時間がかかる? 矯正箸・しつけ箸のデメリット

矯正箸・しつけ箸を使っていたからといって、普通の箸もすぐに持てるわけではありません。むしろ時間がかかったという声もあります。

矯正箸・しつけ箸は指が固定されているので、指の力が弱くても使えます。でも、普通の箸はある程度力がついていないと難しいもの。そのため、指先の力が足りずうまく扱えないということがあります。指の位置もずっと固定されていたので、「箸を開いて閉じる」以外の動きの時に柔軟に動かすことができません。

結局一から普通の箸を教えることになり、「矯正箸・しつけ箸を使っていた意味がない」というかたもいるそう。子どももラクな方を使いたがるので、移行が難しくなる可能性も高いです。

使ってもOK。でも頼りすぎには注意!

矯正箸・しつけ箸は、箸の導入としてよいアイテムです。発達の特性で、指先や腕の力が弱い場合にも重宝します。ただ、「これさえ使えばOK」とは考えないようにしましょう。もし使う場合は、矯正箸・しつけ箸に頼りすぎず、普通の箸と並行していくことをおすすめします。

たとえば、「食事の始めだけ使う」「豆つかみゲームなど遊びでの中で使って感覚を覚える」といった使い方。基本の食事は普通の箸を使うようにして、矯正箸・しつけ箸の方を補助と考えるとよいでしょう。

また、無理に早くから練習させる必要はありません。スプーンを上手に使えるようにしたり、指先の遊びをたくさんしたり、体を動かして遊んだりして、まずは箸を持つための力を育てましょう。力がついていれば、矯正箸・しつけ箸に頼る必要もないかもしれません。

まとめ & 実践 TIPS

矯正箸・しつけ箸を使えば、早くから箸を使うことができます。ただ、普通の箸も早く持てるようになるかといったら、そうではありません。それを理解したうえで、導入するのかを考えてみてください。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A