初めての水浴びはどうやったらいい?赤ちゃんが水遊びを楽しめる上手な進め方

夏の暑い時期、赤ちゃんにも水浴びをさせてあげたいですよね。でも、赤ちゃんの水遊びって何から始めたらいいのでしょう?水遊びが初めてのお子さんの場合、ちょっと不安ですよね。そんな方におすすめの、水遊びの進め方を紹介します。

この記事のポイント

「無理せずゆっくり」が最大のポイント

水遊びは楽しいですが、怖いものでもあります。顔に水がかかったり、誤って水を飲んでしまったりすれば、子どもが一気に水を嫌いになってしまう可能性も。特に、初めて水遊びをする赤ちゃんは注意が必要です。

大事なのは、「水は楽しいもの」と思えるようにしてあげること。怖くない程度の簡単な水遊びから、無理せずゆっくりと進めていきましょう。そうすればきっと、大きくなってからも水遊びを楽しめるようになります。

おもちゃも活用して!水遊びの上手な進め方

「無理せずゆっくり」といっても、具体的にはどうやって進めたらいいのでしょうか。そこでここでは、おすすめの遊び方をSTEPごとにご紹介します。進んだり戻ったりしても大丈夫です。お子さんのペースに合わせて進めていきましょう。

・【STEP1】はじめは触るだけでOK

まずは小さな桶やバケツに水を入れ、手で触って遊びましょう。水の量は少なくてOKです。顔にはかからないように気を付けて、水の感覚に慣れていきましょう。

浮かぶタイプのおもちゃを使うと、自然と手を伸ばすことができます。ボールや手作りのおもちゃでもいいでしょう。

・【STEP2】水の付いた手で顔や足を触ってみる

手で水を触れるようになったら、次のステップです。使うのは保護者のかたの指先。ほっぺにツンツンと水を付けて、お化粧ごっこをしてみましょう。足や腕にツンツンとしてあげてもいいです。嫌がったら無理せず、平気な場所だけ繰り返してあげてください。

「気持ちいいね」「可愛くなったよ」と声をかけてあげると、不安な気持ちも軽減されます。慣れてきたら、スポンジやタオルに水を含ませてツンツンとしてもいいでしょう。

・【STEP3】足を入れたり顔を洗ったりしてみる

手以外の場所でも慣れてきたら、いよいよ水に入ってみます。水の深さは1cmくらいでOKです。大きな桶やビニールプールがなければ、お風呂の浴槽を使ってもいいでしょう。お尻が付くと嫌がることがあるので、足だけでOKです。

また、顔を洗う遊びをしてみてもいいでしょう。指先だけでツンツンとしていたのを、手の平全部に変えてみます。まずは大人が見本を見せてあげるといいでしょう。はじめは、顎だけ、鼻先だけでも大丈夫です。ちょっとでも水を付けられたら、いっぱい褒めてあげてください。

・【STEP4】水鉄砲やおもちゃも使ってみよう

顔に水がつくことが平気になれば、ダイナミックな遊びに入っていっても大丈夫です。水鉄砲やシャワーなど、水が飛ぶおもちゃも使ってみましょう。嫌がらなければ顔にかけてもOKですが、目や耳に水が入らないように気をつけてください。

水を飲んでしまったりすると、恐怖心が後戻りしてしまうこともあります。もしそうなったら無理をせず、少し前のステップからもう一度やり直してみましょう。

冷たい水が苦手な子どもには温度調整をしてあげて

「お風呂は大丈夫だけど水遊びは苦手」というお子さんはいませんか?もしかすると、温度が原因かもしれません。水道から出したばかりの水は冷たいので、足や顔に付くとびっくりしてしまうことがあるからです。

そんなときは、水の温度を少しぬるめにしてあげましょう。お風呂のお湯よりもちょっとぬるいかなというくらいが目安です。屋外の場合は、遊ぶ時間よりも早めにプールや桶に水を入れておきましょう。太陽光で温まり、ちょうどいい温度になります。

まとめ & 実践 TIPS

水遊びはお風呂でもできます。洗面器に冷たい水を入れて触ってみたり、顔にツンツンと水をつけてあげたり……。毎日入るお風呂で少しずつ経験していけば、水に慣れるのも早くなるかもしれません。


でも、無理強いはしないでください。「楽しい」と思えることが、水遊びを好きになる一番のポイント。焦らずゆっくり、子どもと水遊びを楽しみましょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A