【夏休みの過ごし方】子どもの夏休みを充実したものにするためのアイデア

いよいよ夏休み! 子どもたちにとってとても楽しみな長期休暇。保護者のかたには普段以上に大変になる時期かもしれませんね。でも、夏休みは子どもにとって普段体験できないことにもチャレンジできる貴重な機会。子どもたちの成長のためにも夏休みの過ごし方をきちんと考えてあげたいですね。保護者のかたは、夏休みの過ごし方にどんな工夫をしているのでしょうか。アンケートで聞いてみました。

夏休みに子どもにやってほしいことは?

梅雨が終わるころには学校は夏休みムードに。長い休みを楽しみにしている子どもも多いでしょう。しかし、保護者のかたにとっては、夏休みの計画を立てたり、子どもの宿題をチェックしたり、普段と異なる生活で忙しさや慌しさを感じるかたもいるのでは。でも、夏休みは子どもたちが成長できる機会が多い時期でもあります。いろいろ体験させたいものですね。
皆さんは夏休みの計画はいつごろから立てるのでしょうか。

アンケートで尋ねてみたところ、50%のかたが「7月以降」と回答。次に多かったのが「6月頃」でした。6・7月頃になれば、夏休みのイベントなどもいろいろ出てきそうですね。
次に保護者のかたが夏休みに子どもにやってほしいことは何かを聞いてみました。

最も多かった回答は、「勉強」。実際、夏休みは、1学期の復習をするのに最適。2学期に向けて成績を伸ばしていくためには、夏休みの勉強が効果的です。おさらいや予習など、しっかり見てあげたいですね。

次に多かったのは、「お手伝い」。子どもはお手伝いから多くのことを学ぶのだとか。洗濯物をたたんだり、配膳や掃除など、いずれも将来に役立つことでもあります。また「やってくれてありがとう」と感謝することで、子どもたちの自信にもつながっていくはず。それが責任感も育んでくれます。しかし、お手伝いは親にとっても忍耐力が必要だと言われます。イライラすることもあるかもしれませんが、子どもの成長のために、お手伝いを嫌がらないように、あたたかく見守ってあげたいものですね。
その他の回答には、「規則正しい生活」「キャンプ」「部活」などが挙げられていました。

半数以上が勉強は必ずしも毎日でなくてもよい

夏休みに子どもにしてほしいことでは、最も多かった回答が「勉強」でした。でも、保護者のかたの多くは、「必ずしも毎日でなくてもよいが、継続的に」と回答したかたが51%でした。

これは、勉強だけでなく、いろんなことを体験してほしいという保護者のかたの考えの表れかもしれませんね。
勉強以外でも、部活や習い事、友だちと遊ぶということも子どもにとっては大事な体験です。普段、学校や塾など、時間に追われがちな生活を送っている子どもも多いようですが、夏休みくらい、ゆっくり子どものペースで過ごさせてあげるのもいいかもしれません。
とはいえ、勉強も大事です。「1日にどれくらいの時間、勉強してほしいですか?」と尋ねてみると、「1時間程度」という回答が多く見られました。

夏休みを充実させるためのアイデアは?

せっかくの長い夏休み。できれば、子どもの成長を促す充実した時間を過ごさせてあげたいものです。子どもの夏休みを充実させるためのアイデアについて尋ねてみました。

・生活のリズムを普段と変えない
・夏休み前にきちんと1日のスケジュールを立てて実行する
・自分で計画を立てさせ、旅行に行く
・イベントを定期的に盛り込む
・普段会えない祖父母や友だちに会わせてあげたい
・だらだら過ごしがちなので、メリハリをつけるように声かけする
・昆虫飼育
・川や山で楽しく遊ぶ
・サマースクールに行かせる
・読書をさせたい
・博物館など興味の対象が広がりそうな場所に連れて行く
・習い事を集中的にしてほしい
・家庭菜園
・旅行へ行く
・1日1テーマで遊ぶ
・ゲームはしない
・料理づくり
・夏期講習や学校主催の講習会に参加させる

など。旅行やさまざまなイベントへの参加は、子どもの好奇心を刺激してくれそうですね。子どもの成長に役立ちそうです。

おでかけや普段できない体験も大事ですが、回答で多かったのは「規則正しい生活」でした。1日のスケジュールを立てて、だらだら過ごさないように気をつけることで、宿題なども予定どおり進みそうですね。
休み中は、つい気が緩んで、夜更かしや朝寝坊をしがち。でも、不規則な生活は体調不良の原因にも。健康な生活の基本は、体内時間のリズムを乱さないことです。夏休みの生活は、2学期のスタートにも影響すると言われています。2学期を滞りなく迎えられるように、生活リズムを乱さないことは、子どもの夏休みを充実したものにする基本といえそうですね。

【アンケートについて】
■調査地域:全国
■調査対象:お子さまをお持ちの保護者のかた
■調査期間:2016年5月30日~2016年6月13日
■調査手法:「Yahoo!クラウドソーシング」におけるWebアンケート
■有効回答数:2,036名

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A