赤ちゃんとのお出かけのときには紫外線に注意!対策法

これから夏にかけての季節は紫外線がとても強い時期。大人でも少し外に出るだけで日焼けしてしまうのに、肌が弱い赤ちゃんはどうなっちゃうの? と心配している人も多いことでしょう。そこで、これからの季節に覚えておきたい赤ちゃんの紫外線対策についてご紹介します。


天気によって外出時間を調整する

 くもりの日はちょっと遠くまで時間をかけてお散歩、よく晴れた日は短めにお散歩というように、天気によって外出にかける時間を調整するようにしましょう。

 

 

時間帯を調整する

 一日の中で、11時から15時はとくに紫外線が強くなっています。散歩などに出かけるときは、午前中、または少し日が陰った夕方近くに行くといいでしょう。

 

 

日陰を歩く

 直射日光がたくさん当たる日向を長い時間歩くのは避けたほうがいいでしょう。できるだけ日陰になっている道を歩いたり、木陰の多い道を選んだり、少しの心がけでずいぶんと変わります。

 

 

アイテムを使う

 日焼け止めクリーム、帽子、ベビーカーシェードなどの紫外線対策アイテムもたくさんあります。アイテムだけに頼ってしまうのは望ましくありませんが、状況に応じて上手に使い分けていきましょう。肌に直接塗るものは、大人用だと刺激が強すぎてしまう可能性があるので赤ちゃん用を選ぶのがポイントです。そして、しっかり落としてあげることも忘れずに。

 

 

少し気をつけてあげるだけで、赤ちゃんを紫外線から守ることができます。明るい太陽の光は、赤ちゃんもやはり気持ちがいいものです。しっかり対策をして、赤ちゃんとのお出かけを楽しんでくださいね。

 

 

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A