華麗なボールさばきも夢じゃない? 元Jリーガーに聞くリフティング上達法

華麗なボールさばきも夢じゃない? 元Jリーガーに聞くリフティング上達法いつの時代も人気があるスポーツの一つ、サッカー。習い事にしている子どももいるだろう。ボールを華麗に扱い、みんなが驚くような必殺パスができるようになるには、まずはボールの扱いに慣れ、正確に蹴る感覚を身に付けることが重要だ。その基本練習ともなる「リフティング」について、「ちゅうコーチ」の愛称で慕われる元Jリーガーの中里宏司氏が指導する。

 

***

 

リフティングとは、ボールを落とさずに足で蹴り続けること。サッカーをまったく知らない人でも、遊び感覚でボールを正確に蹴る感覚が身に付きます。親子で一緒に楽しみながら、リフティングが自然に上手になる練習方法を紹介しましょう。

 

●STEP1
足を使ってボールを上げる「ボールリフト」をやってみましょう。ボールを両足ではさんでジャンプし、上がってきたボールを両手でキャッチします。なるべくボールを高く上げるのがコツです。

 

●STEP2
ボールリフトに続けてリフティングをしてみましょう。ボールを両足ではさみ、ジャンプしてボールを上げたら、そのままボールを落とさずに蹴り続けます。5回できたらボールキャッチ。

 

●STEP3
足を使ってボールを上げる「ボールリフト」の「後ろ上げ」をやってみましょう。ボールをカカトに近い位置で両足ではさんだ体勢から、ヒザを曲げてカカトをお尻に近づけるようにジャンプしてボールを後ろに上げ、同時に上体を左右どちらかに捻って振り向き、ボールをキャッチします。ボールを横ではなく後ろに高く上げるようにするのがコツです。

 

●STEP4
両足を肩幅くらいに開いてその間にボールを置き、ヒザを伸ばしたままジャンプしながらボールを両足先でパチンとはさんで上げ、そのままボールを落とさずにリフティングをしてみましょう。爪先のほうではじくようにはさんで上げるのがコツです。

 

出典:<小学生・サッカー初心者の練習法>パス&コントロール -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A