食べムラが多い幼児期の食事 注意すべきポイントは?

幼児期は、乳児期同様に成長と発達の最も大切な時期。バランスのよい食事をとらせたいが、子どもの食べムラや好き嫌いの多さに頭を悩ませる保護者は多い。そこで、管理栄養士の太田百合子氏に、栄養バランスやメニューで気を付けたいことについてアドバイスしてもらった。

 

食べムラが多い幼児期の食事 注意すべきポイントは?

 

1回の食事で主食(炭水化物):副菜(ミネラル):主菜(タンパク質)の割合が3:2:1になるようにすると、面倒な計算をしなくても、おおよそ栄養バランスが整った献立になります。幼児期に不足しがちな栄養素は鉄分やカルシウム、ビタミン。これらを1食で摂取するのは難しいですが、おやつにヨーグルトや牛乳、食物繊維を摂るなど、1週間トータルで栄養を補える食事が望ましいといえます。

 

「かたさ」など、食感のバランスにも気を配りましょう。幼児期は、咀嚼(そしゃく)力を鍛えてほしい時期です。よく噛むと食材本来のうま味を感じられることに加え、満腹中枢が刺激されたり、歯並びがよくなったりするというメリットがあります。カレーやハンバーグなど、やわらかく食べやすい料理ばかりではなく、歯ごたえのあるものを準備しましょう。たとえば、幼児には食べにくい豚ロース肉は、たたいて筋を切るなど下ごしらえをするとおいしく食べられます。

 

子どもが苦手なものや慣れていないものを、食べないからといって、好きなメニューばかりにする必要もないと思います。味覚が発達する幼児期に、さまざまな食材や料理法を経験させてあげましょう。一緒に食卓を囲む人がおいしそうに食べていると、初めての食材に対する恐怖心が薄らぎます。一度嫌がっただけで出すのをあきらめないでほしいです。

 

また、食べムラがあってもあまり気にしなくて大丈夫です。母子健康手帳にある身体発育曲線に身長と体重を記録し、わずかでも右肩上がりに増えていて、体重が上限・下限ラインから外れていなければ、子どもは適量を食べているのだと考えましょう。

 

出典:幼児期の食事のお悩み解決します!【前編】栄養バランスやメニューで気を付けたいこと -ベネッセ教育情報サイト

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A