デジタル時代の大学教育 Withコロナ時代に対応した先進の学びとは【変わる大学】

2020年から続くコロナ禍によって、大学の授業手法が大きく変化し、オンライン授業やハイブリッド授業が全国の大学で行われています。
デジタル技術を活用したオンライン授業には、ライブ配信によるインタラクティブな授業、録画(アーカイブ)による時間を選ばない授業など、それぞれにメリットがあり、対面と組み合わせたハイブリッド授業も含め、Withコロナ時代におけるニューノーマルとなっていくと予想されます。
そこで今回は、創設以来、最先端のデジタル技術を駆使した教育に取り組んできたデジタルハリウッド大学の事例をご紹介します。

この記事のポイント

実社会でも最先端となるデジタル技術を大学教育に導入

デジタルハリウッド大学は「Entertainment. It’s everything. —すべてをエンタテインメントにせよ!—」の精神のもと、未来を自分らしく生き抜くために不可欠なデジタルコミュニケーションを学ぶ単科大学です。

コロナ禍においてもいち早く大学内のリソース(資源)を活用し、単なるオンライン授業にとどまらず、多くのIT企業で活用されているビジネス向けSNSツール「slack」や、コロナ禍のイベント等で実験的に導入されているVR空間「cluster」などをいち早く取り入れています。学生や教職員が3Dアバターを通じてCG演習などの授業を実施するなど、最先端の未来社会を先取りした学びを体験的に身につけています。

未来生活を創造する大学としての“変革”と“挑戦”

デジタルハリウッド大学では、日本国内で新型コロナウイルスが感染拡大する中、2020年3月頭には毎年4月に合宿形式で実施している新入生研修の完全オンラインでの実施を決定。約300人の新入生は「コロナ後の未来を考える」をテーマとした電子書籍の制作に取り組みました。

また、8月には1年次後期〜2年次前期の演習科目の成果発表会「初展(ういてん)」を、オンラインプレゼンテーションとデジタルアーカイブ形式によって開催。「初展」は2年後の卒業制作展に向けた中間発表として位置付けられており、3DCG、グラフィック、Webデザインなど各科目の成果発表とフィードバックを行いました。

さらに毎年10月に学年の垣根を超えて開催されている恒例のハロウィンパーティ※1は、スマホやVRヘッドセットで入場できるバーチャル空間を舞台にして開催。3Dアバターによる仮装コンテストを実施しました。

豪華ゲストを迎え、ハイブリッド型オープンキャンパスを開催

毎年多くの受験生が集まる夏のオープンキャンパス※2をオンラインとオフラインのハイブリッド型イベントとして開催。

1日目のゲストにはPixarのアニメーター・原島朋幸氏、Rhizomatiks創業者・真鍋大度氏を招き、YouTubeLiveで配信。2日目・3日目はハイブリッド型イベントとして、在学生の作品展示、模擬面接講座、在学生によるダンスパフォーマンスなど、感染予防対策に配慮しながら、受験生がキャンパスを体感できる機会を設けました。

授業だけでなくオープンキャンパスにおいても、大学と学生が短い準備期間の中で創意工夫をし、コロナ禍をチャレンジする機会と捉えながら、DX時代に向けての新しい取り組みを次々と実行してきました。

リアル体験も大切に。感染対策に配慮し、課外授業を実施

落合陽一特任教授による「メディアアート」の夏季集中講義は、早期に試作を行い、フィードバックをもらいながら改善を繰り返していく「プロトタイピング」の手法を象徴する講義のひとつ。

2020年も学生のリアルな体験の場を重視し、感染対策をしつつ対面で実施しました。初回講義から展示会開催までをわずか1週間で行い、成果発表として「え、リモートじゃないの?展」と命名された展示イベントを8/31〜9/6に開催※3。

また、課外授業として、プロが活躍するリアルな現場体験を提供するために、2020年10月28日の「すみだストリートジャズフェスティバル in すみだパークシアター倉」※4のオンラインイベントの撮影クルーとして学生が参加するなど、PBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)型の教育も行われています。

デジタル時代の人材を育成し、未来生活を発明する大学

近年、日本でもDX(デジタルトランスフォーメーション)の重要性が叫ばれるなかで訪れたコロナ禍。DX時代、Withコロナ時代のニューノーマルとなる社会や生活の変革は、いま急速に加速していると言えます。

今後、AIの普及などで多くの人間の仕事が失われるとも言われるなか、デジタルネイティブ世代として、デジタル技術を使いこなし、クリエイティブな発想力を持って創造を続けていける人材の需要は、ますます高まるはずです。

クリエイティブ・デジタル業界への高い就職実績を持つデジタルハリウッド大学。これからの時代の最先端をいく、未来志向の学びを習得した人材は、さまざまな産業で求められることになることでしょう。

※1 デジタルハリウッド大学note 「DHU Halloween Party 2020」
https://note.com/dhu/n/ne903f339612b

※2 デジタルハリウッド大学note 「夏のオープンキャンパス2020開催レポート」
https://note.com/dhu/n/n326f98f3f979

※3 デジタルハリウッド大学 「え、リモートじゃないの?展」開催レポート
https://www.dhw.ac.jp/news/ma2020_ex/?referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F

※4 デジタルハリウッド大学note 「すみだストリートジャズフェスティバル in すみだパークシアター倉」
https://note.com/dhu/n/n4bd8e0d9d9c8

デジタルハリウッド大学
https://www.dhw.ac.jp/

本掲載情報は2021年3月時点のものです。

プロフィール

監修/進研アド

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A