建築大工ってどんな職業?どうすればなれる?

世の中にはたくさんの職業があります。どんな仕事内容で、どういう人が向いているのか知っておくことは、自分の可能性を広げるためにも、大いに役立つでしょう。今回は「建築大工」を取りあげます。


建築大工とは?

 私たちの住む家には、木造、鉄筋・鉄骨などいろいろな種類があります。建築大工とは、その中でも木造の建物を建造する人々のことです。近年では、ハウスメーカーによる規格住宅など、住宅の工業製品化・大量製品化が進み、鉄骨・鉄筋構造の住宅が増えてきましたが、木が持つ独特のぬくもりや質感が見直されるようになり、建築大工の仕事も注目を集めています。

 

 

建築大工の仕事の内容

 通常の建築士と同じように、建築大工も設計から施工まで、家づくりのあらゆる工程に関与します。工務店の経営者が建築大工を兼ねているケースも多く、費用の見積もりや、資材や職人の手配、計画どおりに工事が進行するよう全体の管理をする役割も担っています。

 

 

建築大工になるための必要な資格

 専門学校や職業訓練施設で建築に関する技術や知識を学び、工務店や住宅メーカーに就職する、という流れが一般的です。ほかにも、工務店や大工の棟りょうに弟子入りし、現場で技術を学ぶという方法もあります。

 

就職にあたって必要になる資格はありませんが、一定以上の大きさの木造建築を設計・管理するには、木造建築士や二級建築士の資格が必要です。これらの資格は、大学や専門学校で所定の課程を修了するか、一定の実務経験を経ることで受験資格が得られます。

 

 

建築大工の将来性は?どんな性格の人に合っている?

 バリアフリーやアレルギー対策など、消費者が住宅に求める機能は年々多様化しています。ただ建物を建てるだけでなく、さまざまな要望にこたえられる技術を身につけることが重要になってきています。また、木工機械のハイテク化が進んでいるため、機械や機器をうまく扱う技術も必要です。

 

重い木材を持ち運び、危険な高所を行き来することも多い職業なので、体力があることが求められます。また、大勢の職人と一緒に仕事をするため、協調性や人を引っ張るリーダーシップも大事です。かつては伝統的な技術を習得することが重視された仕事ですが、現在は新素材などの開発も盛んなので、変化についていく先進性も求められる職業です。

 

 

参考:

建築大工 | 大学・学部・資格情報 | Benesse マナビジョン

http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/207/index.html

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A