お子さまの夢を叶える近道!?専門学校の選び方

お子さまの将来の夢をご存じですか? もし専門の技術や資格を必要とする職業を希望しているなら、大学進学だけでなく「専門学校」が近道になることもあります。お子さまが進路に迷ったときにアドバイスできるよう、「専門学校」がどんな学校なのか、どうやって選べばいいのかをご紹介します。


専門学校には二種類あることをご存じですか?

 専門学校は、入学資格によって定められた専修学校の三つの課程(専門課程、高等課程、一般課程)のひとつ。高校卒業レベルの人を対象とした、社会に出てすぐに役立つ専門的な知識や技術を習得するための学校です。

 

専門学校には、認可校と無認可校があります。授業時間数や教員数、施設や設備など一定の基準によって国や都道府県から認可を受けている学校を認可校、受けていない学校を無認可校と呼びます。具体的に、どのような違いがあるのでしょう。

 

認可校は、

・通学定期の学割や教育ローンが利用できる

・公的な奨学金が適用される

・一定の条件下で大学への編入学や大学院に入学ができる

など、さまざまな恩恵や特典が受けられます。また、卒業後は「専門士」という称号が与えられ、短期大学2年課程卒業と同等として扱われます。

 

 一方、無認可校は、学校名に「専門学校」をつけることが法律で禁じられており、認可校で受けられる恩恵や特典もありません。ただし無認可校であっても、教育内容が充実し就職実績が優れた学校もあるので、お子さまの将来の希望と照らし合わせて検討してみてもよいと思います。

 

専門学校は選び方が大事! 三つのチェックポイント

 お子さまの夢を叶えるには、どんな専門学校がよいのでしょう?選び方のポイントを三つ上げてみました。

 

1.必要な資格がとれるかどうか?

 職業によって「絶対必要な資格」「あると有利な資格」があります。資格は、卒業と同時にとれるものや卒業後に試験を受けてとれるものなどがあるので、どのタイミングで資格が得られるのかも、確認しておきましょう。

 

2.現場に近い教育内容や施設・設備が整っているか?

 最新の施設や設備で学べたとしても、現場で役に立たなければ意味がありません。仕事に就いた時、すぐに役立つ技術が身につけられるかどうかは、重要なチェックポイントです。

 

3.就職サポートが手厚いかどうか?

 夢への近道だと思って入ったのに、卒業後に「就職先がない」では本末転倒。就職指導の担当や企業からの求人の窓口となる部署が、きちんと置かれているかどうかを確認。卒業生の就職実績、特に専門職種への就職率もしっかり調べましょう。

 

 

 保護者にとっては、お子さまの夢の実現もさることながら、卒業までにかかる費用も気になるところです。見落としがないようにしっかりチェックし、ぴったりの学校選びをしてください。

 

 

参考:

文部科学省ホームページ「専修学校とは」

http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/senshuu/1280727.htm

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A