小学校英語いよいよ教科化へ 文科省が報告書

小学校英語いよいよ教科化へ 文科省が報告書文部科学省の有識者会議が、英語教育の改善・充実について報告をまとめた。東京五輪開催の2020(平成32)年に向けて小学校で英語を教科に格上げし、中学校から「英語で授業」を行うなどして「アジアの中でトップクラスの英語力を目指す」という内容だ。小学校での英語教科化にはどのような課題があるのだろうか。教育ジャーナリストの渡辺敦司氏が解説する。

 

***

 

小学校では既に高学年(5・6年生)で「外国語活動」として英語の学習が必修化されています。ただし教科の扱いではなく、授業も「聞く・話す」が中心のため、アルファベットなどの文字や単語は「音声によるコミュニケーションを補助するもの」として、体系的には教えられていません。そのため「中学校において音声から文字への移行が円滑に行われていない」(有識者会議の報告より)という状況があったのも事実です。

 

では、「コミュニケーション能力の素地を養う」とした現在の小学校英語は間違っていたかといえば、そうではありません。小学校の外国語活動には、外国人を前にすると臆してしまいがちな国民性を克服するため、小さい時から物おじせずにコミュニケーションを取ろうとする意欲や態度を育てたいという願いも込められています。そのため報告では、高学年で英語を教科化する一方、これまで行ってきた外国語活動を中学年(3・4年生)に引き下げるよう提言しています。

 

現行の指導要領の改訂論議の際にも、小学校英語を教科化しようという機運が一時盛り上がりました。しかし、「英語より国語」という世論の高まりで立ち消えになり、現在の形に落ち着いた経緯があります。「グローバル人材」を求める声が高まる中、子どもたちが社会で英語を使って活躍できるようになるためにも、オープンな議論を期待したいものです。

 

出典:「小学校英語」の教科化は何のため? -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A