「三単現のs」って何? 英語教育の専門家が子どもの苦手意識を取り除く

「三単現のs」って何? 英語教育の専門家が子どもの苦手意識を取り除く「聞く」「話す」「読む」「書く」など、「使う」力が求められている中学校の英語。ベネッセ教育総合研究所が2009年に実施した調査では、「英語が苦手」と答えた生徒が6割に上っている。苦手意識を払しょくし、英語力を伸ばすためには何が必要なのだろう? 英語教育の専門家であり、「世界の100人の教師」に選ばれたこともある関西大学教授の田尻悟郎氏に、中学英語でつまずきやすい一般動詞「三単現のs」の学習法を教えてもらった。

 

***

 

英語の勉強でいちばん難しいのが、日本語との語順の違いです。たとえば、英語の語順を知っていると、こんな文ができます。

 

Goro eats udon with a fork in his room every night.
(ゴローは/食べる/うどんを/フォークで/彼の部屋で/毎晩)

 

この文ではeatのあとに「s」が見えています。これは何かというと、隠れているdoesの「s」です。この文を疑問文にする時は、隠れていたものが前に出てきます。

 

Does Goro eat udon with a fork in his room every night?

 

動詞の後ろに隠れているdoesは助動詞と呼ばれるもので、「習慣として」「定期的に」「現在」といった意味があります。動詞は、常に助動詞と一緒に使われます。
たとえば、
「can eat」は、「食べることができる」
「will eat」は、「食べるつもりだ」「食べるでしょう」
という意味になります。
「do eat」の場合は、「普段から食べています」「現在食べています」といった意味になります。

 

普通、助動詞は動詞の前に置きますが、do, does, didだけは、恥ずかしがり屋で後ろに隠れてしまい、「do eat」とは言わずに「eat」だけが残ります。「does eat」の場合も、doesは隠れてしまいますが、語尾の「s」だけが残り、動詞に付けられます。それが「三単現のs」です。

 

動詞は必ず助動詞と一緒に出てきますが、do, does, did だけは後ろに隠れてしまうということを、ぜひ頭に入れておいてください。英語学習のスタートで大切なことは、語順の理解と、それを疑問文にしたり答えたりする力を付けることなのです。

 

出典:英語が得意になる方法 英語の語順を知る【後編】~一般動詞~ -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A