be動詞の役割は「イコール」 基礎を覚えて並び替えを自在に

be動詞の役割は「イコール」 基礎を覚えて並び替えを自在に中学校の英語では、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能など、「使う」力がますます求められている。英語が苦手になる原因のひとつは、「英語の語順を知らない」こと。英語教育の専門家で、「世界の100人の教師」にも選ばれた関西大学教授の田尻悟郎氏に、be動詞の構文について、語順や構造をすっきりと理解するコツを紹介してもらった。

 

***

 

「He is our teacher.」のような文において、be動詞(is,am,are)は、イコール(=)の働きをしています。「彼 イコール 私たちの先生」ということです。このようなタイプの文は、「=(be動詞)」を前に出せば疑問文ができあがります。be動詞を含む文を疑問文にするときは、be動詞をそのまま前に持ってくればいいので、非常にわかりやすいのです。ただ、これに答えるとき、多くの子どもが“Yes.”だけで終わってしまいがち。質問に対して答えるときは、フルセンテンスで練習しないと、基礎・基本が身に付きません。実はこれが、中学1年生でbe動詞を使う学習での、ひとつの落とし穴になっているのです。

 

be動詞を含むもう一つの構文は、「=(イコール)」の後に「どんなだ」を表す言葉(形容詞)がくるパターンです。文の一つひとつの要素について、わからないところをwho, what, howなどの疑問詞に変え、語順を変えて疑問文を作ることを知らないと、実は会話ができません。たとえば、heの裏にwho、kindの裏にhowと、裏に疑問詞を書いたカードを作っておき、そのカードを裏返してから、並びかえていくイメージです。疑問文の作り方を知ることは、非常に大きなポイントです。

 

出典:英語が得意になる方法 英語の語順を知る 前編 ~be動詞~ -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A