注意はしない!?冬休みで乱れた生活リズムを取り戻す方法とは【小学校高学年編】

ぬくぬくのんびり過ごせた冬休み。新学期がスタートしてからもまだ、夢見心地な気分から抜け出せないでいるお子さまも多いかと思います。生活のリズムを早く取り戻して、学年最後の3か月を生き生きと楽しんでもらうには、どんなサポートをするのがよいでしょうか。

(赤ペン先生 河原)

この記事のポイント

行動を注意するだけでは響かない?!

冬休みは短いので、年末年始で乱れてしまったリズムを立て直せないまま始業式を迎えてしまっても仕方のないことかもしれません。
とはいえ、いつまでも休み気分で、宿題もせずにゲームばかりしていたり、夜ふかしが直らなくて朝なかなか起きられなかったり、という姿を見ると平静ではいられませんね。
なるべくなら怒りたくない、自分で気づいてほしい。でもついに我慢の限界がおとずれ言ってしまいます。
「ちゃんとしなさーい!!」
ところが当のお子さまは「ふぁーい」なんて生返事をするばかり。注意した後、少しの間は改まったように見えても、気づけばまた別のダラダラが始まっていて・・・のくり返しではないでしょうか。

生活のリズムを取り戻すには、注意する以外にも必要なものがありそうです。お子さまの内側に働きかけて、ピリッと刺激を与えてみるのはいかがでしょうか。キーワードは「ちょっとがんばる」です。

がんばると気持ちがいいことを思い出してもらう

ダラダラモードに体がなじんでしまったお子さまには、少しだけがんばってもらって「がんばることは気持ちがいい」ことを思い出させてあげるのがよいと思います。

自分の体を使って汗をかく、自分の手で何かを作り出す、自分で目標を考える。ちょっとした体験が、お子さまの中のリズムを目覚めさせるきっかけになってくれるでしょう。

おすすめの「ちょっとがんばる」体験

自力でちょっと遠くへ

いつもなら、車や電車やバスで行くような、ちょっと遠くの公園やお店に、徒歩や自転車で出かけてみましょう。高学年なら、大人と同じかそれ以上の体力があるでしょうから、けっこうな距離に挑戦できると思います。
「3学期は何が楽しみ?」などと歩きながら話すこともできますね。「着いたら美味しいお昼、食べようね」とお楽しみ付きで、冬の乾いた空気の中を親子遠足してみるのもいいものです。
目的を達成したら、きっとお子さまは「疲れたけど気持ちよかった!」と言ってくれるのではないでしょうか。

親子で何か手作りしてみる

親子で一緒に、一つのものを作り上げてみましょう。工作、手芸、今まで作ったことのない料理など、完成を目指してワクワクしながら取り組めるものなら何でもよいと思います。
材料選びから始めるもよし、キットを使うのもよし。お子さまとおうちのかたの興味が合致したものにすると本気を出せますね。
共同作業の中で、お子さまの意外な頼もしさを発見できるかもしれません。完成させる喜びを親子で味わいましょう。

これからのがんばりを宣言してもらう

あまり時間が取れないときには、「3学期には何をがんばりたいと思っている?」と会話してみるだけでもよいでしょう。
「これをがんばりたい」というものが自覚できていると、過ごし方も変わってくると思います。学校で書くようなマジメな目標でなくても、本心からがんばりたいと思うことを言ってもらいましょう。
遊び、生活、勉強、と分野を分けてもいいと思います。思いがけず「早寝早起きする」なんて宣言が飛び出したりして「実は自分でもがんばりたいと思ってたのね!」とお子さまを見直してしまうかもしれませんね。

まとめ & 実践 TIPS

少しの自信と少しのワクワク感、そして前を向くための目標。それらを感じることができる機会を作ってあげることで、お子さまの「がんばりたい気持ち」が刺激され、いつものリズムを取り戻せるのではないかと思います。
高学年で照れ屋さんになっているかもしれませんが、おうちのかたと一緒に何かするのが、まだまだ好きなはずです。冬休み明けのリハビリ期間に、親子で「ちょっとがんばる」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

赤ペン先生 河原はるこ

赤ペン先生 河原はるこ

赤ペン先生歴8年。4年生担当。
高校生の時、「赤ペン先生」の心のこもった美しい字のおたよりに励まされた思い出があり赤ペン先生に。子どもたちへは、「まちがえるのは恥ずかしいことではない!」「どんどんまちがえましょう!」という想いを持ちながら、一生懸命に書かれた解答を尊重し、大切なポイントが一目でわかる指導を心がけている。
趣味:読書とフルーツ酢作り
自己紹介:のんびり屋、でも好きなことには熱い一面も。
中高生三児の母。

プロフィール

赤ペン先生

赤ペン先生は「進研ゼミ」の選考に合格し、ゼミ独自の研修・教育を通じて、教科の学習内容やお子さまの力を伸ばす指導法などを学んだ人です。 お子さま一人ひとりの解答状況や学習の到達度に合わせて、丁寧に添削・指導いたします。 ※「赤ペン先生」は(株)ベネッセコーポレーションの登録商標です。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A