【低糖質×おやつ】食べ盛りだけどカロリーが心配な時に!お子さまとできる低糖質レシピ紹介

年末年始。皆さまはどのように過ごされていたでしょうか?
外出を控え、おうちでゆっくりした時間を楽しまれたかたも多いと思います。
お家時間が長くなると、つい美味しい物に手が伸びがち。
とくに育ち盛りのお子さまは食欲も旺盛で、食べすぎが心配になるケースもありますよね。
そこで今回は、身近な材料で作ることができるカロリーや糖質を抑えた簡単おやつレシピを2つご紹介します。

材料4つ!レンジで簡単しっとりバナナケーキ

最初にご紹介するレシピは、食物繊維がたっぷり含まれているバナナを使ったケーキ。
甘みはバナナとホットケーキミックスに含まれている甘味料のみ。
素材そのものの優しい甘さを感じられるケーキレシピです。

【材料】
・ホットケーキミックス 大さじ2
・卵(Mサイズ) 1こ
・無調整豆乳 大さじ1
・バナナ 2/3本

1.バナナは飾り用に4㎝ほど残し、皮をむいて耐熱容器に入れる。

2.皮をむいたバナナをフォークで荒く潰す。

3.ホットケーキミックス、豆乳、卵を入れ粉っぽさが無くなるまで混ぜる。

4.飾り用バナナを6枚に切り、生地の上にそっとのせる。
600Wの電子レンジで2分30秒加熱する。

5.容器から取り出し、常温で粗熱が取れるまで冷ます。

バナナの糖質量は1本(120g)当たり約25gで、同じ量の砂糖に比べると糖質を約48%抑えることができます。
また、バナナは食後血糖値の上昇を示す指標である【GI値】が47と低く、低GI食品に分類されます。
血糖値を上げにくく、緩やかに体内に吸収されるうえに、食物繊維・ミネラル・ビタミンがバランスよく含まれているのでおやつにピッタリの食品といえるでしょう。

材料4つ!レンジで簡単むっちりココア蒸しパン

2つ目にご紹介するレシピは、大流行中のオートミールを使った簡単レシピ。
もちもち、むちっ! とした食感で、お腹にたまりやすくボリューム感がある蒸しパンです。
お子さまが大好きなミルクココアを使用し、チョコレート風味に仕上げました。

【材料】
・オートミール(クイックタイプ) 大さじ2
・卵(Mサイズ) 1こ
・無調整豆乳 大さじ2
・ミルクココア 大さじ1と1/3

使用するオートミールは、【クイックオーツ】と呼ばれる細かく粉砕されたタイプを使用すると柔らかい食感に仕上がります。

1.オートミールに豆乳を入れる。(オートミールをふやかします)

2.卵、ココアパウダーを入れ、なめらかになるまでよく混ぜる。

3.高さのある耐熱容器に入れ、600Wの電子レンジで2分加熱する。

大きく膨らむので、生地より5~6㎝ほど高さに余裕がある容器(タッパーなど)を選んでください。
4.蒸し上がったら容器から取り出し、粗熱が取れるまで冷ます。

健康志向が高まる中、特に注目を集めている食品の1つが「オートミール」。
オートミールは小麦粉に比べ糖質が低く、食後血糖値の上昇が緩やかな中GI食品に分類されます。

カルシウム・鉄などのミネラルも豊富で、成長期のお子さまの体を支える栄養素が豊富に含まれているのもうれしいポイントです。
また、食物繊維の量が豊富で「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の両方が含まれているので、お腹の調子を整える効果も期待できるでしょう。

不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らむ性質があるため、蒸しパンを食べるときは水分を補給しながらお召し上がりください。

まとめ & 実践 TIPS

お子さまの健やかな成長を願い、おうちの中でさまざまな工夫をしている保護者のかたが多いのではないでしょうか。
「たくさん食べさせたいけど健康面が気になる……」と感じたときは、簡単に手作りできるおやつレシピがおすすめです。

長期休みや休日のスキマ時間を活用し、親子で一緒におやつをつくれば食育にも繋がります。
お子さまと一緒に食について話し合いながら、興味や関心を引き出す第一歩に役立ててみてくださいね。

プロフィール

とみ(パティシエ)

大阪あべの辻製菓専門学校卒。
インスタグラムを中心に、ヘルシーな低糖質レシピを提案。
フジテレビ『めざましテレビ』出演のほか、ウェブメディアへのレシピ提供など幅広く活動。
3児の母。
https://www.instagram.com/tomi_recipe
インスタグラム:@tomi_recipe

特に乳幼児期は、保護者の子どもへの接し方がとても大切です

  • トイトレの第一歩は、オムツはずれのイメージづくりから
  • 子どものしつけは、クイズ形式にするとうまくいく
  • 子どもが友達と揉めた時、すぐに介入するのはNG

このように、子育てをするうえで知っておきたい情報はたくさんあります。

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/

ベネッセ教育情報サイト
公式アプリ

乳幼児から中学生まで、子育ての悩みごとに専門家やプロのアドバイスをお届けしています。

そのほかにも、お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信。学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスも満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A