保育園任せにするのはダメ?! 通園しながらトイレトレーニングを成功させるコツ

未満児から保育園に通っていると、トイレトレーニングも園でおこなってくれます。でも、「全部やってくれるから何もしなくていい」と考えるのは間違い。園任せにしていると、後々苦労することになります。

この記事のポイント

「忙しい」を言い訳にすると保育園での努力が無駄に……

トイレトレーニングは大変なもの。でも、「忙しいから」というのを言い訳にするのはNGです。

保育園ではパンツで過ごしているのに、家ではオムツというお子さま、いませんか? 「面倒だから」「濡れたら片付けるのが大変だから」と保護者のかたがそうしているのであれば、やめてください。保育園と家庭で対応が違うと、子どもが混乱するからです。

その結果、保育園でもオムツで過ごしたがるかもしれません。家の中ではオムツでしか生活できなくなるかもしれません。保育園任せにすることで、逆にトイレトレーニングがうまく進まなくなる可能性があるのです。これでは、子どものがんばりも保育園の先生の努力も水の泡。保護者のかたも、後々困ることになります。

トイレトレーニングは保育園と同じように進めよう

トイレトレーニングで大事なのは、対応を同じにすること。保育園と同じペースで進めていくことで、スムーズにオムツから卒業できるはずです。焦り過ぎもダメですが、大人の都合でやったりやらなかったりするのはもっとダメ。お子さまがやる気になっているなら、ちょっとがんばってトイレトレーニングに付き合っていきましょう。

連絡帳を使ったり、送迎時に話をしたりすれば、トイレトレーニングがどのくらい進んでいるのかを把握することができます。いつなら成功しやすいのか、どんなふうに誘ったらやる気になるのか……。悩み事も合わせてどんどん相談してみてください。

そして、お休みの日も継続していくことが大事です。保育園のタイムスケジュールを参考にしながら、同じ時間にトイレに誘ってみましょう。パンツで過ごせるようになっているのに、休みの日だけオムツにするのはやめてください。子どもの気持ちは、自分に当てはめてみればわかるはず。休みの日だけオムツで過ごせと言われたら……当然嫌ですよね。

もちろん、失敗することもありますし、園のようにうまくいかないこともあります。でも、叱ったりはせず、根気強く進めていきましょう。保育園と足並みをそろえていくことが、通園しながらトイレトレーニングを成功させるコツです。

大変な時期は優先順位を見直してみて

家事や育児と並行しながらトイレトレーニングを進めていくのは大変です。そんな時は、優先順位を見直してみてください。

パンツに移行したばかりの時期は、失敗することもあるので洗濯物が増えます。床を掃除するのだって大変です。そういう時期は、食事をお惣菜やレトルトに頼るのもよいでしょう。ストレスが溜まったら、掃除をお休みしてお子さまとダラーっとしてみましょう。

子どものトイレトレーニングは、コントロールできるものではありません。でも家事や仕事なら、ちょっと手を抜いたり後回しにしたりできることもあるはず。自分で調整できるところを探して、うまく乗り切っていってください。その方が、ストレスも少なくトイレトレーニングもスムーズに進むはずです。

まとめ & 実践 TIPS

「保育園に任せればいい」という考えは間違い。そうではなく、「保育園が一緒にやってくれるからうまくいく」という考えが正しいでしょう。連携していくことで、通園しながらのトイレトレーニングはラクになります。子どものやる気を無駄にしないように、保護者のかたもちょっとだけがんばっていきましょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A