スプーンは「バキューン持ち」を目指そう! 幼児の発達に合わせた持ち方3ステップ

1歳くらいになると、スプーンに興味を持つ子どもも出てきます。さて、お子さまにはどうやってスプーンを持たせていますか? もし、大人と同じように下から持たせようとしているなら、ちょっと待ってください。正しいスプーンの練習方をご紹介します。

この記事のポイント

始めから大人と同じには持てない!

スプーンの正しい持ち方は、指先を使って箸のように持つ方法。それに近付けようと、始めからスプーンを下から握る「下手持ち(したてもち)」をさせようとする保護者のかたも多いです。でもこの持ち方、小さな子どもには難しいって知っていましたか?

下手持ちをするには、手首をひねらなければなりません。大人にとっては普通にできる動きですが、子どもはそうではありません。しかも、この状態を維持してスプーンを口元まで持ってくるのは至難の業。こぼしたり、食べ物がすくえなかったり、「そうじゃないでしょ」と注意されたり……。その結果、スプーンで食べることが嫌になってしまったら悲しいですよね。

スプーンの順番は「上手持ち→下手持ち→バキューン持ち」

楽しく無理なくスプーンを持てるようにするには、発達に合わせて持ち方を変化させてあげることが大切。焦らずにゆっくり進めていきましょう。

・初めてのスプーンは「上手持ち(うわてもち)」

上手持ちは、上からスプーンをわしづかみにする持ち方です。小さな子どもにスプーンを持たせると、自然とこの形になることが多いでしょう。始めはこのまま、スプーンを持つことに慣れていきます。無理に下手持ちにする必要はありません。自分から自然と下手持ちをするようであればそれでOKです。

こぼすことも多いですが、叱ったりはしないでください。「スプーン持てたね」とたくさんほめて、自信をつけていきましょう。食材をスプーンに乗せてあげたり、手を添えてあげたりして、少しずつ一人で食べられるようにしてあげるとよいですね。

・スプーンに慣れてきたら「下手持ち(したてもち)」

上手持ちで食べることに慣れたら、下手持ちをするように促していきましょう。でも、無理強いはしないように。食事の始めだけなど、機嫌の良い時に持ち方を教えてあげてください。ほんのちょっとの時間でもOK。励ましたりほめたりしながら、少しずつ進めていきましょう。

下手持ちは、手首をひねることができないと難しいもの。ですから、遊びや生活の中でこういった動きを経験させてあげることも大事です。
たとえば手遊び。星を表現する時に、手首をひねってキラキラさせますよね。これが下手持ちをするためにとってもよい経験になります。他にも、「すくう」という動きができる砂場遊びや水遊びもおすすめです。

・こぼさず食べられるようになったら「バキューン持ち」

下手持ちが上手になったら、指先で持てるようにしましょう。鉛筆持ち、箸持ちともいいますが、子どもが喜ぶのはバキューン持ちという呼び方。親指と人差し指を立ててピストルの形を作ります。その形のまま、スプーンを乗せてあげて指でつまむように持ちましょう。親指、人差し指、中指の3点で支えられればOKです。

無理強いせずに、ゆっくりと進めるのがコツ。下手持ちになっていても叱らずに、「バキューンの持ち方にできる?」と声をかけてあげましょう。できていたらたくさんほめて、自信をつけてあげてください。あまり神経質にならずに、気付いた時に声をかけるくらいで大丈夫です。

遊びや生活の中で手首や指先をいっぱい使おう

スプーンや箸を上手に持てるようにするには、体の発達が追い付いていないと難しいです。だから、食事だけでなくいろんな場面で体を使っていきましょう。

紐通しやパズル、積み木などの遊びを行ったり、服を着たり靴を履いたり……。生活や遊びの中には指先や手を使う動きがたくさんあります。楽しみながらできる方法で、力を付けていきたいですね。

また、食事をするには姿勢を保持したり腕を支えたりする全身の力も必要。食事だけに目を向けず、いっぱい体を動かして、いっぱい遊んで、いろんな経験をしていきましょう。関係ないようで、それが一番の近道だったりもします。

まとめ & 実践 TIPS

スプーンの持ち方を練習するには、発達に合わせてあげるのがおすすめ。「楽しい」「上手に持てた!」という気持ちがやる気を育て、さらには食事への意欲にもつながっていきます。お子さまの様子を見ながら、焦らずゆっくりと進めていきましょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A