2歳のオムツはずれ成功しやすいタイミングはこんなとき

2歳の子どものオムツはずれ。開始してみたけれど、なかなかうまくいかない……と悩んでいるかたは、お子さんをトイレに誘うタイミングを工夫してみましょう。
トイレに誘うタイミングの基本は、おしっこの間隔が空いてオムツがぬれていないときです。
お子さんに無理強いすると、トイレが嫌いになってしまいます。朝起きたときや遊びが途切れたとき、機嫌のよいときなど、タイミングを見計らって誘ってみましょう。

成功しやすいタイミング<その1> 生活の節目に誘う

起床時

「トイレに行ってみる?」とさりげなく誘ってみましょう。

食事のあと

食べたあと、遊び始める前が、トイレに誘うチャンスです。

散歩などから帰ったとき

帰宅後すぐか、遊びが一段落したときに誘ってみましょう。

寝る前

起床時の成功率が上がったら、寝る前と起床時の1日2回誘ってみましょう。

成功しやすいタイミング<その2>興味をもったときに誘う

トイレの前で立ち止まったとき

「トイレに行ってみる?」とさりげなく誘ってみましょう。

絵本などを読んだとき

トイレに関する絵本などを読んだあとに声をかけてみましょう。

まとめ & 実践 TIPS

オムツはずれは一進一退。お子さんによって、ペースも異なるものです。
中には、おしっこが出る感覚を怖がるお子さんもいらっしゃいます。そんな場合は、「おしっこすると気持ちがいいよ」などと、前向きな言葉をかけましょう。
自分から「おしっこ!」と言えるようになるのは、まだ先のこと。「またおもらしした」「座ったのに全然出ない」などとイライラせずに、気長に進められるとよいですね。

出典:こどもちゃれんじ『ぷち通信』(6月号)

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A