自分で宿題をやる子になる「お家の時間割」の作り方

「自分から宿題をやってほしい」「言われなくても習い事の練習をしてほしい」とお考えの保護者のかたは多いのではないでしょうか。
今回は、フリーアナウンサーで、親子のコミュニケーションについての講演を数多くされている天野ひかりさんに、子どもが自分から宿題をやるきっかけになる「お家の時間割」作りについて伺いました。

お家での「時間割」を作って時間を見える化

学校の時間割表のように、ご家庭での時間割をお子さまと一緒に作ってみましょう。
たとえば、大きめの画用紙に、月曜日から日曜日の軸を作り、放課後の予定を書き込んでいきます。

まずは、習い事や食事、宿題、お風呂、就寝時間など、やらなくてはいけない予定を書き込んでみましょう。次に、残った時間をパズルのように埋めていくのです。
この時、保護者のかたが「この時間は宿題だよ!」「テレビは30分だけだよ!」などと決めてしまうのではなく、「この時間はなにする?」とお子さま主体で一緒に決めてあげてください。「水曜日は大好きなテレビがあるから、友達と遊べないな」とか、「この日はサッカーの練習があるから、夕方は宿題ができないな。どの時間にやろう?」など、よく思い出して作ってみるといいでしょう。
それが、お子さまの時間の感覚を養うとともに、「これをするからあれはできない」という優先順位の選択をお子さま自身がすることにつながります。

「お家の時間割」は必ず守らせるためのものではない

予定表を作ると、保護者のかたは、どうしてもそれを守らせようとしてしまいますが、この時間割は、実は守ることが目的のものではありません。

「宿題」と書いてある時間に、ゲームで遊んでいたりすると、お子さまに「今、宿題の時間になってるけど?」と詰め寄ることがあるかもしれません。
お子さまが本当に忘れている時はそんな声かけも有効ですが、予定はあくまで予定。「今、宿題の時間だけど雨が降ってきそうだから洗濯物とりこむのを手伝って!」など、その場で今やらなくてはいけないことの優先順位を考えるきっかけになれば、それでいいのです。

仕事をお持ちのお母さんで、放課後を一緒に過ごせない場合は、お母さん自身の予定も時間割に書き込むのがおすすめです。お子さまの予定とは色を分けるなどして、「ママの帰宅時間はここだけど、あなたはそれまでにピアノの練習をするんだね! すごいね!」などと声をかけてあげられるといいですね。もちろん、帰宅時間が予定とは変わることもあるでしょうから、そんな時は「今日は遅くなっちゃったから、お風呂の前にご飯にしよう!」と、保護者のかた自身が臨機応変に優先事項を決めているところを見せてあげるのもいいかもしれません。

プロフィール

天野 ひかり

天野 ひかり

局アナウンサーを経て、フリーに。NHK『すくすく子育て』キャスターの経験を生かし、親子コミュニケーションアドバイザーとして、全国で講演や講座、コーディネーターを務めている。NPO法人を立ち上げ、多くの専門家に取材した知識を元に、自己肯定感を育む講座を主宰し、子育ての面白さと大変さに共感を持って活動に臨んでいる。著書『子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ』(サンクチュアリ出版)等。
NPO法人親子コミュニケーションラボ http://www.oyakom.com/
天野ひかり公式サイト http://www.amanohikari.com/

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A