4分の1以上の保護者が子どものお年玉を回収 その理由とは?

4分の1以上の保護者が子どものお年玉を回収 その理由とは?お正月でお年玉をもらった子どもも多いだろう。「何に使おうかな」と、いろいろと算段しているかもしれない。ベネッセ教育情報サイトでは、小学1年生〜高校3年生の子どもを持つ保護者を対象に、お年玉に関するアンケートを行った。(アンケート期間:2013/01/09〜2013/01/15 回答者数:2,157名)***アンケートの結果を見ると、子どもにお年玉を渡している保護者が62.4%という結果に対し、「祖父母・親戚・知人」からお年玉をもらった、という回答は96.6%でした。お年玉の金額についても伺ったところ、保護者からのお年玉は多くても2万円未満がほとんどなのに対し、「祖父母・親戚・知人」からもらったお年玉の総額は3万円以上を超えるケースも多く、高校生ともなると5割近くに及びます。子どもにとってお年玉の「主力」は、「祖父母・親戚・知人」であるといえそうです。こうしたお年玉の行方を尋ねたところ、「すべて保護者が回収した」という回答が4分の1以上を占め、もらったお年玉を、子どもたちが全額自由に使えるわけではなさそうです。それでも、自由に使わせてもらった場合は、普段から欲しかったおもちゃやゲームの購入などにあてるケースが多いよう。「中古のゲームを買っていた」「これから計画的に使うらしい」「ほとんど使っておらず、今後のおこづかいとしてとってある」という声もあり、子どもたちが使い道を熟考している様子が伺えます。4分の1以上の保護者が子どものお年玉を回収 その理由とは?さて「保護者が回収したお年玉」の気になる行方ですが、アンケートの結果によると、7割以上の保護者が「お年玉は子どものもの」と考えており、8割近くが一部もしくは全額を「預貯金に回した」と回答しています。「将来本当に必要になった時にこそ役立ててほしい、そのために今は貯金を」と考える保護者が多いようです。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A