どうして夏に始めるのがいいの?

「オムツはずれを始めるなら夏がオススメ」といいますが、それにはどんな理由があるのでしょうか?


冬の寒さや冷えが、トイレを「イヤなもの」と思わせてしまいがち

 体の機能がいつ整うか、オムツがはずれるまでどのくらいかかるかなどは、個人差が大きいですが、いずれにしてもスタートに最適なのは暖かい時期です。寒い時期は冷えによって頻繁におしっこが出るので、おもらしをしてしまいがちだからです。さらに、トイレが寒かったり、便座やおもらししたパンツが冷たいと、子どもの不快感も強くなってしまいかねません。トイレ自体が寒いと、なかなかトイレに行きたくなくなってしまうのは、子どもだけでなく大人にも当てはまることですよね。

 

 

夏はトイレのタイミングの予測が立てやすく、薄着だから服も脱がせやすい

 夏であれば汗が多く出て体内の水分が飛ぶため、冬に比べておしっこの量が減ります。それによっておしっことおしっこの間隔があき、トイレに連れていくタイミングを見計らいやすくなるので、成功率も高まるはずです。

 

また、夏は薄着なので、トイレまで来たらさっと脱がして便座に座らせてあげられます。そのため「脱がすのに手間取って間に合わなかった…」という理由で失敗することも減るでしょう。子どもがパンツだけで動き回っていても、風邪をひく心配も少ないです。

 

 


子どもがおもらしをしても、あまりストレスをためずに済む

 もちろん、オムツはずれにおもらしはつきもの。でも夏なら着替えが簡単で体が冷えることがありませんし、洗濯物もすぐに乾きますから「履けるズボンやパンツがなくなってしまった!」という状態には陥らずに済みます。また、夏はカーペットなどを出していないご家庭も多く、冬より掃除もしやすいので、多少のおもらしは気にならないでしょう。

 

保護者のかたが「おもらしをすると掃除や洗濯が大変…」とイライラしてしまうと、子どもも敏感にそれを感じ取って、オムツはずれがなかなか進まなくなってしまう恐れがあるため、ストレスになりそうな部分が減るのは大きなポイントです。

 

やはり、オムツはずれをスタートするなら、洗濯物などが乾きやすい季節が最適だといえますね。

 

 

プロフィール

塩谷香

東京成徳大学子ども学部教授。児童学修士。東京都品川区旗の台保育園長ほか、二葉すこやか園保育室長として幼保一体型施設の開設に尽力。長年保育の現場に携わってきた。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A