子どもにあげたい、人気の誕生日ケーキ(赤ちゃん編)

 お誕生日のお祝いに欠かせないケーキ。ですが、「赤ちゃんはもう市販のケーキを食べてもいいの?」という疑問も浮かぶはず。どんなふうにしてケーキを用意したらいいのかお伝えしましょう。また、人気の「手作りケーキ」についてもご紹介します。

 

 


ケーキ屋さんに「赤ちゃんも食べやすいケーキ」を頼める?

 市販のケーキが絶対にダメかと言えば、そうではありません。市販のケーキでも、次のような問題点をクリアすれば、十分に「赤ちゃん(1、2歳児)向け」に用意ができます。

 

・スポンジやクリームに使う「洋酒」や「洋酒シロップ」を抜いてもらう。

・クリームに使う砂糖の量を減らしてもらう。

・クリームの量そのものを減らしてもらう。

・フルーツを小さく刻んでもらう。

 

 このようなケーキを少し食べる程度なら問題ありません。ご近所のケーキ屋さんに相談してみましょう。食物アレルギーにも対応してくれるケーキ屋さんもあります。インターネットも活用し、いろいろと探してみてください。

 

 

人気は「手作り」!手軽さと安心が魅力

 赤ちゃんの誕生日ケーキで人気があるのは、「手作りケーキ」です。人気の理由は次の3点が考えられます。

 

・赤ちゃんが食べられるもの、好きなものだけで作れる

・量の調整ができる

・案外簡単にできてしまう

 

 以上のことから、たくさんのママやパパが手作りケーキにチャレンジしています。

 

 一番簡単なのは、自宅で焼いたホットケーキやカップケーキをアレンジすること。その他、蒸しパンや食パンなどをスポンジとして使うのもおすすめです。

 

 生クリームやホイップクリームの代わりに使えるのが、「ヨーグルトクリーム」。前日から水きりしたプレーンヨーグルトに少しだけ砂糖を加えて混ぜれば、クリームのように使うことができます。フルーツを飾ったり、小さな旗を立てたりすれば、立派な誕生日ケーキのできあがりです。

 

 

 大人だけではなく、赤ちゃん自身もちゃんと食べられるかわいい誕生日ケーキ。食べているシーンもしっかり写真やビデオにおさめて、将来「こんなお祝いをしたよ」とふり返りたいですね。

 

 

倉持鎮子

自身も6歳、10歳の子どもを育て、育児・食育・親子問題についての執筆を行うライター。医療・健康・体の不思議、子育て中にもできる美容などにも触れ、さまざまな面から「子どもとの生活」についてのライティング実績がある。講師業では、「脳と体を考える食育」についての情報を提供。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A