子どもにあげたい、人気の誕生日ケーキ(保育園・幼稚園編)

 園児ともなると、「自分が欲しい誕生日ケーキ」がはっきりしてきます。ショートケーキ派だけではなく、チーズケーキ派、チョコレートケーキ派も出てくるでしょう。「どんなケーキを食べたい?」と、まず確認してみましょう。選択肢をお子さまに与えて、選ぶ楽しみを一緒に味わい、当日ケーキを目の前にした時の感動、食べる工程まで、誕生日ケーキをとことん楽しみましょう。

 

 


見た時の感動がすごい!立体キャラクターケーキ

 ケーキがまるごと大好きなキャラクターの顔になっている「立体キャラクターケーキ」は、キャラクター好きの子どもの心をぐっととらえて離しません。本体がキャラクターの顔になっているケーキ、あるいはケーキ表面やチョコレートやクッキーのボードにキャラクターのイラストが描かれているケーキもあります。

 

 また、ケーキ本体が乗り物や動物の形になっているなど、形状がユニークでわくわくさせてくれるケーキもどんどん登場しています。ケーキが数字の形をしているものも、盛り上がりますね。

 

 ただ、こういったケーキは色が鮮やかで目をひきますが、「体に害のない色素で色づけしているかどうか」なども確認し、安心して食べられるものを選ぶようにしましょう。

 

 

スポンジが苦手...それなら、アイスケーキやシューケーキを

 誰もがスポンジケーキを喜ぶわけではありません。「スポンジが苦手」という子どももたくさんいます。その場合、「アイスケーキ」や、シュークリームを積んで作られた「シューケーキ」が喜ばれるでしょう。すてきにデコレーションされたアイスケーキやシューケーキも、お店でよく見かけるようになりました。

 

 お店でケーキを選ぶのも楽しいですが、アイスケーキやシューケーキなら、簡単にオリジナルの誕生日ケーキを作ることができます。たとえば、生クリームやヨーグルトクリームを何層か積み重ねたオリジナルのアイスケーキはいかがでしょう。また、アイスクリームはアイスクリームディッシャーを使って丸い形にすると、ころんとかわいく、積み重ねやすくなります。何種類かのアイスを並べたり、積んだりするだけでも豪華に見えます。チョコレートやクッキーで飾ればさらによいでしょう。シュークリームは一つひとつが小さめのものを積み重ねれば、つぶれにくいです。こちらもアイスクリームやチョコレートでデコレーションをすれば、特別感が出ます。

 

 

 ケーキを取り分けて、お子さま自身がどの部分を食べるか選んだり、自分でデコレーションをしたりするというのも楽しいはず。きっとすてきな思い出になるでしょう。

 

 

倉持鎮子

自身も6歳、10歳の子どもを育て、育児・食育・親子問題についての執筆を行うライター。医療・健康・体の不思議、子育て中にもできる美容などにも触れ、さまざまな面から「子どもとの生活」についてのライティング実績がある。講師業では、「脳と体を考える食育」についての情報を提供。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A