映画「SNS-少女たちの10日間-」でわかる、SNSで子どもが直面する危険とは?

今や現代の生活の必需品ともいえるインターネット。デジタルな環境の中、自分用のPCやスマートフォンを持つ子どもも増え、SNSは手軽なコミュニケーションツールとして浸透しつつあります。とはいえ「子どもに直接触れさせるのはまだ心配」という保護者も多いのではないでしょうか?
SNSで子どもが直面する危険を描き、世界を震撼させたドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』が、日本で公開され話題となってます。この映画や実際の事例を元に、SNSによって引き起こされる様々なトラブルを具体的に把握しながら、子どもがSNSに触れる際の注意点やルールの実例を紹介していきます。

この記事のポイント

12歳の少女がSNSで“友達募集”をしたら、一体何が起きる?

映画『SNS-少女たちの10日間-』は、SNSで子どもが直面する危険を描いた、チェコのドキュメンタリーです。
子どもを取り巻くリアルを捉えるために、制作チームによって選ばれたのは、幼い顔立ちの「12歳に見える成人の女優」3人。巨大スタジオの中に作り上げたそれぞれの子ども部屋からPCを使い、SNSで“友達募集”を行うところから実験はスタート。
Web上に“12歳の女の子”のアカウントが開設されるや否や、瞬く間に複数のメッセージが。その結果、彼女たちにコンタクトをとってきた大人たちは、10日間でなんと2,458名。
彼らは撮影されていることも知らず、彼女たちが未成熟な存在であることを認めながらも、卑劣で執拗な誘いを繰り返します。その要求はたちまちエスカレートし…といった内容。
この作品を通して、子どもが無防備にSNSを利用すると、どのような危険が待ち構えているのかという現状、そして問題の深刻さを知ることができます。

【公開情報】
SNS-少女たちの10日間-
監督:バーラ・ハルポヴァー、ヴィート・クルサーク 原案: ヴィート・クルサーク 出演:テレザ・チェジュカー、アネジュカ・ピタルトヴァー、サビナ・ドロウハー他
配給:ハーク 配給協力:EACH TIME
2020年制作/チェコ/原題:V síti/104分/R-15指定

2021年4月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
公式サイト http://www.hark3.com/sns-10days

(C)2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

子どもが狙われ巻き込まれるSNSトラブルが増加

ごく当たり前にPCやゲーム機器を使いこなす子どもたち。デジタルネイティブと称される彼らですが、心の成長はその見た目と同じく未熟です。近年、そんな子どもたちがSNSで巻き込まれる事件は増加傾向にあります。
例えば『SNS-少女たちの10日間-』の中にも登場する、SNSで知り合った相手から顔や裸の自撮り画像を求められ、うっかり送ってしまったというトラブルは数多くの事例が。加えてSNSのプロフィール画像や、チャット動画のスクリーンショットを拡散すると脅迫されたりすることも。
またリアルな交友関係の友達に突然SNSをブロックされ仲間外れにされてしまった、などというコミュニケーション上のトラブル事例も報告されています。

★その他、青少年や保護者から寄せられたSNSでのトラブル相談事例はこちら
東京都都民安全推進本部のサイト「こたエール」
https://www.tokyohelpdesk.metro.tokyo.lg.jp/

家庭におけるSNSのルール作りのポイント

では、子どもが安全にSNSを使うためには、保護者としてどのような対策が必要でしょうか?青少年のインターネット利用の適正化や被害防止に取り組む、東京都都民安全推進本部に取材しました。
都によると「ネットやスマホは子どもの成長に合わせて、練習をしながら段階的に利用の幅を広げることが大切です。子どもの発達段階や利用状況に応じたサポートを、保護者は心がけるようにしましょう」とのこと。
その上で行う『家庭でのルール作り』のポイントは以下のとおりです。

【ポイント1】子ども任せは厳禁。利用状況は常に見守る姿勢で

一番大切なのは、子ども任せにするのではなく、親が常に利用状況を見守ることです。とはいえ、実際につきっきりで見ることは不可能なので、利用アプリの制限やフィルタリングサービスを活用し、いつでも把握できる状態にしておきましょう。

【ポイント2】「小さく」「具体的」で分かりやすいルールにする

例えば「夜9時以降はスマホを保護者に渡す」など、数字や条件を具体的に盛り込みます。ここで子どもに自らルールを「宣言」してもらうことも大切。保護者が押し付けるのではなく、子ども自身が納得できる理由を示すようにしましょう。家族全員でルールを守る意識の共有を。

【ポイント3】ルールを二重構造にして持続可能なものに

ルールを守れなかった場合のルールを決めておきましょう。例えば「守れなかったときは、スマホを一週間保護者に預ける。その間は使用しない」などが有効。二重構造にすることで「ルールを守る」意識そのものを育てるサポートにもなります。

【ポイント4】子どもの異変のサインを見逃さない

子どもの心は未成熟。落ち込んだり寂しさや不安を感じると、大人が想像している以上に心に隙間ができてしまいます。言葉巧みな他人を信じ切ってしまうことも。「急に学力が下がってきた」「あまり会話をしていない」「脱力感がある」などのサインを見逃さないようにしてください。

  • ・成長に合わせて段階的に利用の範囲を広げる
  • ・子ども任せにせず、見守る姿勢を基本に
  • ・ルールは小さく具体的なもので、二重構造に
  • ・子どもが発する異変のサインに注意する

成長段階に沿ったルール設定方法とその実例

子どものスマホ利用については、「コミュニケーションがうまくとれるか」「ネットリテラシーを理解しているか」という2つの点をみながら、成長に応じてルールの範囲を決めていくことがポイントです。 具体的にどのようなルール決めをすればいいか、東京都都民安全推進本部にお聞きした学年とインターネットとの関わり時期別の実例を紹介します。こちらを参考に、ご家庭の環境にあったルールを考えてみましょう。

①小学校低学年〜高学年…インターネットレベルアップ期

自分専用のスマホやPCを持ち始める子も多い時期。まずは保護者と一緒にネットやスマホの危険性、やってはいけないことを学ぶところから始めてください。

【ルール実例】
・スマホは保護者とのメールと電話のみの使用
・SNSやアプリはまだ使用しない
・保護者と一緒にネットやスマホの危険性を学ぶ

②小学校高学年〜中学2年生…SNSデビュー期

スマホなどの扱いにも慣れたこの時期がSNSのはじめ時。どっぷり浸かって勉強や生活が疎かにならないように、利用時間の厳守を心がけるようにしましょう。

【ルール実例】
・アプリやSNSは1日1時間まで
・アプリのダウンロードは必ず保護者に許可をとる
・SNSは家族と、学校の仲のいい友達のみにする
・食事中は使わず、寝るときはリビングに置いておく

③中学2年生〜高校3年生…SNSレベルアップ期

日頃から折を見て、ネットリテラシーやコミュニケーションへの理解について話し合うようにしましょう。特に個人情報は慎重に扱うことを厳守します。

【ルール実例】
・アプリやSNSは夜9時まで
・SNSやネット上にメッセージを書き込む前に必ず見直す。
・個人情報は絶対に書かない、載せない。
・トラブルになりそうなら、すぐに保護者に相談する

  • ・インターネットレベルアップ期は、SNSやアプリは使わない
  • ・SNSデビュー期は、利用する時間と環境を厳守
  • ・SNSレベルアップ期は、ネットリテラシーへの理解を深める

まとめ & 実践 TIPS

子どものSNS利用は、成長に合わせて慎重に行わせたいもの。保護者が見守る姿勢を欠かさずに、子どもがネットとの適切な距離感を学べるよう、しっかりとサポートしていくことが大切です。

取材・文/畑 菜穂子

出典:東京都都民安全推進本部「こたエール」
URL https://www.tokyohelpdesk.metro.tokyo.lg.jp/

プロフィール

東京都都民安全推進本部

都民の安全安心を実感できるセーフシティの実現に向けて「都民安全・治安対策」「交通安全」「若年支援」の各施策に取り組む
https://www.tokyohelpdesk.metro.tokyo.lg.jp

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A