幼児期の水遊び 楽しく安全に遊ぶためのちょっとした工夫

暑くなると、子どもには水遊びをしてあげたくなります。水が怖いと思っている子どもに、どうやって水遊びの楽しさを教えてあげればいいのでしょうか。色々な、工夫を取り入れて考えてみましょう。

この記事のポイント

水が怖いと感じる子どもの気持ち

幼児期は、水に対して不安に感じている子どもが多いので、あまり無理をさせない程度に水とふれあうようにしましょう。小学生になると、プールは授業の一環になりますので、幼児期に水が怖いと印象づけてしまうと、いざプール授業となった際に泳ぐことも、潜ることもできなくなってしまう可能性があるので、幼児期の丁寧な対応が必要です。

水が怖いと思っている子どもがいる場合、その気持ちに寄り添うことが大切です。怖いと感じている原因は何かを、きちんと子どもから聞いた上で、改善策を考えるようにしましょう。
幼児期は、お風呂場の水でさえ顔につくのが嫌な子がいます。頭を洗うときに、目や鼻に水が入って痛かった、耳に水が入るのが嫌、一瞬息ができなくて苦しくなったなど、本当に些細なことで、子どもの気持ちは敏感に反応します。
大人にとっては「そんなことで嫌になるの?」と感じてしまいがちですが、子どもの心には、いつまでも怖い記憶として残ってしまいます。しかし幼児期は、切り替えがとても上手なので、水への恐怖心を楽しい気持ちに変えることが可能な時期です。
自宅でも出来る簡単なやり方で、水に慣れる練習を始めてみましょう。水は楽しい、もっと遊んでみたい、そう感じてもらえる程度から始めるといいと思います。

本格的な水遊びの前に準備をしよう!

水を怖がる子どもに、いきなり「水に入ってみよう」というのは、事故につながる可能性があるのでやめておきましょう。では、どうやって水の楽しさを知ってもらえばいいのでしょうか。
まずは、桶やビニールプールに浅く水を張って、手だけで水にふれあってみましょう。
水を準備する前に、牛乳パックなどを利用して、オリジナルのおもちゃを、保護者と一緒に作ってみましょう。牛乳パックは、水に浮かぶ船や魚などを作ることができます。他にも、ペットボトルを使って、ジョウロやシャワーを作るのもおすすめです。
保護者と一緒に作ったおもちゃを使うことで、気が紛れ自然と水に対しての恐怖心が和らぎ、安心して遊ぶことができます。遊んでいる最中に水が顔に跳ねてしまっても、遊びに夢中になっているので、全然気にならなくなります。
水嫌いを克服するには、保護者と共に水を使って遊び、楽しいという経験を繰り返すことが大切です。安心して遊べる時間を増やしていくことで、確実に水嫌いは軽減されていきます。本格的に水遊びをする前に、水は楽しく遊べるという意識を持たせてあげましょう。

水遊びを楽しく安全に遊んでみよう

子どもがどのくらい水に対して怖いと感じているのか、改めて確認してから子ども用プールや、大きな公園内にある水遊び場所へ連れて行ってみましょう。
公共施設を利用する際は、守らなくてはいけない約束を、子どもにもわかりやすく丁寧に説明してあげましょう。幼児期から約束を守る大切さを教えるのも、保護者の役割でもあります。また、安全に水遊びをするには、とても重要なことです。
水の中で足がつかない場所で遊ぶのは大変危険なので、必ず保護者がそばにいるようにしましょう。泳ぐ、潜るがまだ苦手な子どもは、浮き輪などのアイテムを利用して、楽しく過ごせる方法を、一緒に考えてみましょう。
水や環境に慣れてくると、子どもはあっという間に水を怖がらなくなってしまいます。
個人差はありますが、水が怖くないという経験を繰り返すうちに、自信がついてくるものです。泳ぐ、潜るといったことは、きちんと大人が指導をしてあげることで、怖い思いをしないで学ぶことができるでしょう。
正しく安全に水遊びをするためには、まだ上手く表現できない、子どもの気持ちに保護者が丁寧に寄り添い、体調の変化にいち早く気づいてあげることが重要です。

まとめ & 実践 TIPS

水遊びが苦手だった子どもでも、水に対して恐怖心がなくなると、潜ることも、泳ぐことも、何の問題もなくできるようになってしまいます。
逆に、水に対しての恐怖心がなくなりすぎても、心配な水の事故があります。
約束を守って安全に水遊びをする大切さは、ずっと教えていかなくてはいけません。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A