3歳のトイレトレーニング方法~声かけや進め方~

【臨床心理士監修】3歳になると、お子さんのコミュニケーション能力が高くなり、トイレトレーニングも余裕を持って進めることができます。「排泄はトイレでする」ということもすぐに理解できるので、声かけや進め方次第でびっくりするほどうまくいくことも。3歳ならではの心理や行動、トレーニング方法をお教えします。

3歳でトイレトレーニングが進まない! そのわけとは?

お子さんも3歳になれば、身体も心もかなりしっかりと成長してきます。それでも、トイレトレーニングをいやがったり、失敗したり、うまく進まないことはよくあります。そんなときは、一度立ち止まって、トイレトレーニングが進まないわけを探してみましょう。

おもらしをしてしまう理由を聞いてみよう

3歳の場合、自分の気持ちを上手に言葉で伝えることができるお子さんもいます。「トイレでおしっこができない理由」を、お子さんの機嫌がいいときに聞いてみましょう。

そのときに注意することは、問いつめるような聞き方をしないことです。「何がいやなの?」「どうしてできないの?」と、おうちのかたが責めるような口調になってしまうと、お子さんは心を閉ざしてしまいます。

  •  お子さんに話を聞くときのコツは
  • 1. お子さんの体調や機嫌のいいときに聞く
  • 2. 漠然とした質問より、具体的な質問をする
  •  例)「どうしてトイレに行けないの?」→「トイレでおしっこするの好き?それとも嫌い?」「トイレ行くの怖い?」
  • 3. お子さんが少しでも話し始めたら、さえぎらず、最後までしっかり相槌を打ちながら聞いてあげる

3歳だと、自分がトイレに行けない理由をすべて説明できるお子さんはまだ少ないかもしれません。「ズボン脱ぐのいや」「オムツがいい」「トイレ臭い」といった、お子さんの言葉に耳を傾けてみると、お子さんがトイレに行かない理由が見えてくるかもしれません。

 1  2  3  次のページへ

プロフィール

臨床心理士監修:須々木真紀子

「ママchan」臨床心理士。日本心理臨床学会所属、学校心理士および保育士資格。首都圏を中心に複数自治体の保育カウンセラー、スクールカウンセラーとして、幼少教育現場における子どもの発達と子育て支援に勤しむ。現在、株式会社インフォマートの「ママchan」臨床心理士として、幼稚園・保育園の巡回訪問を行う。三児の母。
・「ママchan」臨床心理士(http://ameblo.jp/kokorokodomo/)

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A