ゴールデンウィーク、それぞれどんな日か知っていますか?

年に1度のゴールデンウィーク。暑くもなく、寒くもない1年で一番気持ちいい気候のこの時期、旅行やレジャーの予定がなくてもなんだかワクワクしてしまいますよね。でも、ゴールデンウィークの祝日、それぞれどんな日だか知っていますか? きちんと知れば連休がもっと楽しくなるはず。それぞれの祝日の由来を見ていきましょう。


5月3日「憲法記念日」

 マッカーサーの指令で作成された日本国憲法が1947年5月3日に施行されたのを記念し、1948年に定められた国民の祝日です。ちなみに、この日本国憲法が公布されたのは1946年11月3日で、この日は「文化の日」に制定されています。公布から半年後に施行されたというわけです。

 

 

5月4日「みどりの日」

 もともとは平日でしたが、1985年の「国民の祝日に関する法律(祝日法)」の改正によって祝日と定められました。この日は、「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かなこころをはぐくむ日」となっています。

 みどりの日は、1989年(平成元年)から2006年までは4月29日でした。もともとこの日は昭和天皇の誕生日で祝日だったのですが、昭和天皇がご逝去したあと、天皇が自然をこよなく愛していたことから「みどりの日」と名づけられました。みどりの日が5月4日に移され、4月29日が「昭和の日」となったのは2007年のことです。

 

 

5月5日「子どもの日」

「子どもを一人の人として尊重し、幸せを願うとともに、母に感謝する」という趣旨で1948年に定められた国民の祝日です。古くから「端午の節句」ともいわれてきたこの日は、男の子のお祭り。鯉のぼりや鎧兜を飾り、菖蒲湯に入って災難や病気を払い、健やかな成長を願います。

 

 ゴールデンウィークと呼ばれているのはこの3日間です。しかし、4月29日の「昭和の日」から、土日や振替休日を含む約1週間のことを指す場合も多いようです。お子さまに祝日の由来をお話しながら、有意義な連休を過ごしてくださいね。

 

 

参考文献:『親子で楽しむ365日暮らしの行事』監修・早未恵理(大泉書店)、『記念日・祝日の事典』編・加藤迪男(東京堂出版)

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A