クロール上達への道 バタ足、息継ぎ、ストローク練習法を元競泳選手が伝授

クロール上達への道 バタ足、息継ぎ、ストローク練習法を元競泳選手が伝授暑い夏、プールでの水泳が楽しみな季節だ。しかし、泳ぎが苦手で憂うつになるという小学生もいるのではないだろうか。自由形の選手として活躍し、現在は指導者としてキタジマアクアティクスに所属する小野智子氏に、クロールが上達するコツを教えてもらった。

 

***

 

クロールを練習する時のコツを、順番に紹介します。

 

1.バタ足は順を追って、じっくりと身体に覚えさせる
まずはプールサイドに浅く腰かけたまま、バタ足をします。足をほんの少し内股にして、親指どうしが触れるようにしながら動かします。慣れてきたら水の中に入り、プールサイドにつかまるか、保護者のかたと両手をつないで、引っ張ってもらいながらやってみてください。脚の付け根から脚がしなるように動かし、足の甲で水をとらえて押し出すようにします。

 

2.息継ぎの時の体勢をサイドキックでシミュレーション
次は、バタ足に息継ぎを加えてみましょう。身体を横向きにしてバタ足で前に進む泳ぎ=サイドキックを練習します。サイドキックの練習では、右腕を伸ばして右手首をビート板に置き、右耳を腕にくっつけるようにして頭を腕に乗せます。左の肩はしっかりと開き、左腕は自然に身体に沿うようにします。

 

3.水をかく時の正しい手の軌道を知ろう(ストローク)
水中に立ち、片腕ずつ練習します。両腕を前に伸ばしてそろえた状態からスタートし、左手を自分のおなかに向かうように角度を付けてかきます。右腕に右耳が乗るようにし、左の肩は十分に開きましょう。腕を真っすぐ伸ばして、なるべく大きな半円を描くようにしてスタート位置に戻します。腕の動かし方がわかったら、息継ぎを加えてみましょう。

 

3つの練習が完成したら、「キャッチアップ・クロール」(ひとかきごとに両手を前にそろえる泳ぎ方)で、練習してきたことを思い出しながら、ゆっくり泳いでみてください。まずは10メートル泳げれば合格。慣れてきたら距離を伸ばし、スピードを上げていきましょう。

 

出典:クロールに挑戦! -ベネッセ教育情報サイト

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A