面接対策のポイント【高校受験】

面接が実施される入試を受験する場合には、この時期、対策が必須になります。
高校入試での面接は、入学後にその高校の勉強についていけるか、入学後も伸びる力があるかどうか、または入学の意思を確認するためのもので、定番の質問をされる場合が多いので、しっかり対策をしてのぞみましょう。

あいさつや言葉づかいは基本中の基本

面接官は、「当たり前のことができるかどうか」を見ています。以下のことについては、中学校でも指導していただけると思いますが、保護者の方も時間があれば面接練習をしてチェックしてあげてください。

・入退室の仕方
・あいさつ
・話すときの目線
・言葉づかい
・制服の着こなし、髪型などの身だしなみ

面接では何を聞かれるの?

面接では、よく質問される「定番の質問」があります。
これらについては、どこの高校を受験する場合でも質問されることが多いので、しっかり準備しておきましょう。また、具体的な例などを挙げて答えることが大事ですので、中学校生活でのエピソードをリストアップし、そこから何が言えるか整理しておきましょう。

・志望理由
・高校卒業後の進路、将来の夢
・中学校生活で頑張ったこと
・高校に入ったら頑張りたいこと
・自分の長所、自己PR
・得意な科目・苦手な科目

高校・学科のカリキュラムについて質問されることもありますので、志望する学科のことをよく調べて、入学したい熱意を伝えられるようにしておきましょう。

予想していない質問をされたら

予想外の質問をされた場合には、焦らず、落ち着いて、少し時間をもらいましょう。
緊張のあまり頭が真っ白になって、用意した答えが出てこないこともあります。
答えは丸ごと暗記するのではなく、「こう聞かれたら、これとこれを答える」というように、大まかに用意しておくだけでも十分です。

■集団面接の場合
集団面接の場合には、他の受験生が答えたこともよく聞いておく必要があります。他の人と答えが同じでも問題ありません。自分なりの理由をきちんと述べられれば大丈夫です。

面接官は、多くの受験生を見てきています。大事なことは、自分がその高校に入学したい意志をわかってもらうことです。また、無理をせずに、いつもどおりの自分を見てもらおうと思うのが失敗しないコツです。

■待ち時間の過ごし方
受験生が順番に面接を行うので、1番最後になると待ち時間が2~3時間以上ある場合もあります。控室では、本を読んだり、面接の注意事項を読み直したりするなど、待ち時間の過ごし方も工夫しましょう。

進研ゼミ<高校入試情報サイト>
http://www.zemi.jp/k07
高校・学科ごとの先輩体験談で、入試のときの面接の様子や質問内容を確認することができます。
都道府県を選択 >高校・先輩体験談を検索>先輩体験談>入試対策>面接

(執筆:「進研ゼミ」高校受験総合情報センター)

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A