高校入試に役立つ! 英語教育のプロが伝授する、文脈を意識するトレーニング法

高校入試に役立つ! 英語教育のプロが伝授する、文脈を意識するトレーニング法「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能など、ますます「使う」力が求められている中学校の英語。一方、ベネッセ教育研究開発センター(現・ベネッセ教育総合研究所)の調査(2009年)によると、「英語が苦手」と答えた生徒は6割に上っている。英語への苦手意識を払しょくし、英語の力を伸ばすため必要なものとは? 「世界の100人の教師」に選ばれたこともある関西大学教授の田尻悟郎氏が、教科書本文を使って、家庭で楽しく応用力を付ける学習法を伝授する!

 

***

 

A:皆さん、野菜好きですか? ぼく好きですねん。
B:こいつねえ、野菜好きなんですわ。
A:うちの家族はねえ、八百屋やってますねん。
B:うちの相方の家は、八百屋なんですわ。
A:うちの台所のテーブルには、いっつも野菜が置いてあるんですわ。
B:こいつの台所のテーブルには、いっつも野菜が置いてあるんですわ。

 

……このように、漫才では「うちの相方」とか「こいつ」などを主語にして、相方が言った言葉を聴衆に向かって伝える言い方があります。つまり、相方の言葉を「三人称」にしてくり返しているんですね。

高校の学習では、文中のit, that, they, he, sheといった代名詞が何を指すのか、といったことがよく問われます。このような問いは、文の流れ(文脈)をさかのぼって考えないと答えられません。音読をしながら、文脈を意識するトレーニングをしておくと、高校入試にも役立ちます。なぜなら、入試で出題される長文問題は、一文一文の意味がわかっても、全体のつながりがわからなければ点数がとれないからです。

 

このように、常に代名詞が何を指しているか考えるくせを付けることは、英文全体の文脈をつかむトレーニングになりますので、非常に有効な勉強法です。

 

出典:家庭でできる英語学習 教科書を使った習熟法【後編】 -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A