「キャン ユー?」ではなく「キャニュー?」 カリスマが教える英語リスニングのルール

「キャン ユー?」ではなく「キャニュー?」 カリスマが教える英語リスニングのルール「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能など、ますます「使う」力が求められている中学校の英語。「世界の100人の教師」に選ばれたこともある英語教育のカリスマ、関西大学教授の田尻悟郎氏に、リスニング力を伸ばすルールを教えてもらった。

 

***

 

1 連結ルール
たとえば「I have a book in my bag.」では、a の音は前のhaveにくっついてしまってhave a (ハヴァ)と聞こえますし、in も前のbookにくっついてbook in (ブキン)となります。

 

2 小さな「ッ」ルール
単語の最後がtdgのように破裂する音で、次の単語の最初の音も破裂音であった時、前の単語の語尾はほとんど聞こえなくなります。「eat dinner」は、tははっきり発音されていても、dとくっついてしまって「イーッディナー」のように聞こえます。間に小さな「ッ」が入っていて、発音されていないように聞こえるのです。want toも、「ウォンットゥ」となります。

 

3 タダラルール
タ行の音は、アクセントがきていなければ、「ダ」や「ラ」行の音に聞こえます。「lettuce(レタス)」は、「」にアクセントがきていますので「タ」は「」に近くなり、「」のように聞こえます。
また、Yes, it is.は、「連結ルール」で3つの単語がつながって「イェスイッティーズ」となります。「イェスイッディーズ」や「イェスイッリーズ」と聞こえたりします。I write a letter.も、「アイライ」「アイライ」のようになってきます。

 

4 NTTルール
nの後ろにくるtについてのきまりです。「twenty」のtは無視されて、「トウェニー」のように発音されます。nは舌を上の歯の裏に付けて発音しますので、「ンヌ」のような音が出てきます。「wanted(ウォンヌ イド)」を速く言うと「ウォンニッド」のようになります。

 

5 n母音ルール
これは「n=ンヌ」であることから生まれるルールです。Can you?キャンヌ ユー?」は、速く言うと「キャニュー」のようになります。

 

出典:英語が得意になる方法 リスニングにはコツがある!【前編】 -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A