家庭でできる小学校英語 コミュニケーションを楽しむ【第2回】

2011(平成23)年度から、小学5、6年生に対して外国語活動が必修化されています。
ベネッセ教育情報サイトのアンケートによると、小学校での外国語活動に保護者が期待しているのは、「外国の人と抵抗なく接することができる」や「外国に興味や関心をもつ」ということです。コミュニケーション能力の素地を養うために、どのような活動が行われているのでしょうか。
前回に引き続き、小学校現場で英語の指導をし、英語に関する本を数多く執筆されている粕谷恭子先生のお話から、ALT(外国語指導助手Assistant Language Teacher)の模擬授業の例を紹介します。

<家庭でできる小学校英語(動画)>


<模擬授業 アクティビティー>

(以下、大意を一部和訳してお届けします)



ALT:じゃあ、ゲームをしよう。(黒板に貼られた食べ物の絵を指して)まず、食べ物の名前を思い出してね。

(生徒たち、ALTについて食べ物の名前を発音する)
Ramen, pizza, cake, spaghetti, sushi, ice cream.

ALT:ではこれから、「ミッシング・ゲーム」をするよ。何がなくなったか当ててね。
(寿司<すし>の絵を外す)
何がなくなったかな?

生徒たち:Sushi!

ALT:OK! じゃあ、目をつぶって。
(目をつぶるジェスチャー。自分の手で目を隠す生徒たち)

(ALT、4枚のカードを外す)

ALT:OK! 目をあけて。タクミ、何がなくなっている?

タクミ:Ramen!

ALT:(外したカードを探って)ラーメン、ラーメン……と。ん、ラーメン!(見つけたラーメンのカードを黒板に戻す)(生徒たち、次々に手を挙げる

ケイト:Sushi!

ALT:(カードを探して)寿司、 that’s right!(正解!)………サラ?

サラ:Cake!

ALT:ケーキだね。Very good! (男の子たちが手を挙げながらどんどん前にでしゃばってくるので、笑いつつそれを避けて……)カオリ?

カオリ:Spaghetti!

ALT:スパゲティ。Great! All right. It is very good! (すごいね。とてもよくできたね!)


次回は、子どもの外国語活動の見守り方や、子どもへの英語の声掛けやほめ言葉をご紹介します。



プロフィール

粕谷恭子

粕谷恭子

東京学芸大学教授、聖マリア小学校英語科講師。『みんなあつまれ!はじめての子どもえいご』をはじめ、子どもの英語教育に関する著書も数多い。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A