学力アップのポイントは反復学習にあった!?「チャレンジタッチ」の驚くべき機能とは?【PR】

 小学校も2年生くらいになってくると、学習内容が本格化。苦手な勉強なども出てきて、成績にも差が出始めますよね。九九などの大量暗記をはじめ、さらに上の学年になれば、覚える漢字も増えてきます。次々出てくる新しい学習内容に対応していくためには、どんな勉強をさせればいいのでしょうか。小学生の学力アップのポイントとは…?

反復学習が脳を活性化させる

 「どのように勉強させるのが効果的なのか…」と悩む保護者のかたも多いのでは。予習・復習が大事ということは、世間でもよく言われること。しかし、漠然と予習・復習といっても、どのようにするのが子どもにとってよいのでしょうか。

人の脳は、一日経つと74%忘れてしまうそうです。これは、「エビングハウスの忘却曲線」という有名な実験結果です。学習したことも、一日経つとほとんど忘れてしまうということですね。記憶をキープするためには、学習したことを脳が覚えるまで反復する必要があるのです。予習も大事ですが、しっかりと復習することで、学習した記憶が蘇り、それを何度も行ううちに、記憶に定着していくのです。

反復学習は、脳を活性化させるともいわれています。とくに子どもの頃の、読み・書き・計算の基礎的な学習を反復学習でしっかり行うことは、考える力や創造性の基礎も培います*。それはこの先の学習や人生でも役立つ力になっていくのです。

反復学習に必要なのは「楽しみながら」学習すること

 子どもの学習に効果的な反復学習。しかし、中には何度も同じことを繰り返すのを嫌がる子どももいます。反復学習は、根気がいる…というイメージもありますよね? 子どもが楽しく反復学習に取り組めるのが「チャレンジタッチ」です。

「おうちで授業」がコンセプトの「チャレンジタッチ」は、専用タブレットを使用したデジタル学習教材です。

<チャレンジタッチの特長>

・対話形式の授業展開

まるで先生がその場で見てくれているような音声指導。学校の授業のように、大切なポイントの振り返りや確認問題までタブレット1台で出来ます。

・お子さまに合わせた個人指導

まだ本格的な学習に取り組んでいない小学校1年生でも大丈夫。お子さまが混乱しないようにレベルや知識に合わせた個人指導で理解を促します。

・反復練習も楽しく取り組める

漢字、計算、英語など、デジタルならではの工夫がいっぱい。楽しみながら何度でも学習することで知識が定着していきます。

低学年最大の山場、九九など、学習が少しずつ難しくなっていく時期にこそ反復学習で理解を深めたり、知識を定着させてあげたいもの。
九九でつまずく子どもも多いといわれますが、ランダムに出題される九九をゲーム感覚で解くことができる演習アプリなら、九九の定着も万全。親しみながら九九を定着させることができるんです。

九九だけでなく、アルファベットや単語に触れられる英語にも対応。これからコミュニケーションツールとして大切になってくる英語も、反復学習が効果的です。

お子さまのやる気には「褒め」や「励まし」が重要!

 「チャレンジタッチ」は、子どもの学習ペースづくりを応援しながら、自分から学ぶ習慣が身につけられるデジタル講座です。しかし、やる気に波やムラができてしまうお子さまもいますよね。そんなお子さまには「褒め」や「励まし」でやる気を盛り上げてあげましょう。

わからない問題に当たると子どものやる気は一気に下がってしまいがち。そんなときは、「なぜできないの」と責めるのではなく、お子さまが落ち着いて考えられる環境を作ったり、「わかるところまで戻ってやってみよう」、などやる気が高まる声かけも有効です。
「チャレンジタッチ」には、おうちのかたとお子さまをつなぐお手紙交換ができる「ハトさんメール」という機能もあるんです。おうちのかたから励ましのメールをもらうことで、子どものやる気が再燃するかもしれませんね。

子どもの学習状況を客観的に把握した赤ペン先生の指導のほか、学びプランナー窓口も設置しています。学習の悩みはもちろん、子育ての悩みにも対応。いつでも質問できる環境は子どもにとっても心強いはず。のびのびと学習に励めるのでは。

「チャレンジタッチ」は、時期に合わせて、適切な学習サポート教材を配信。だから、タイムリーに子どもの意欲を盛り上げることができます。また何よりデジタルに慣れている子どもにとって、操作の楽しさや音や動きによる学習アプリは、興味や関心を引くはず。苦手な部分には何度も挑戦することで、できたときの達成感も。

楽しみながら取り組むことで、自分から積極的に学習する習慣が身についていきます。 「チャレンジタッチ」なら、反復学習がクセになるかも!?

「チャレンジタッチ」について詳しくはこちら!

*参照:「子どもを賢くする脳の鍛え方-徹底反復読み書き計算」川島 隆太著(小学館)

「チャレンジタッチ」のご紹介

「チャレンジタッチ」なら音と映像をいかした授業で勉強がどんどん楽しくなる。解いた問題もその場で自動でまるつけ。まちがえてもすぐに見直しをすることで、ニガテを残しません。

詳しくはこちらから

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A