謙遜しがちな日本人でもできる! 子どもをほめられた時の上手な答え方

お子さまがほめられた時、あなたはどう答えていますか? もし「そんなことないよ」と答えているなら、ちょっと言葉を変えてみましょう。そうすれば、きっと子どもは嬉しくなり、自信がつくはず。謙遜しがちな日本人は必見です。

この記事のポイント

悪気のない謙遜が子どもを傷付ける?

「そんなことないよ」「家では全然ダメで」という言葉を使っているかたも多いでしょう。これは、謙遜しているからこそ出る言葉です。でも、この謙遜ワードは子どもにとってマイナスにしかなりません。

「謙遜」をまだ子どもは理解できないので、大人の言葉をそのまま受け取ってしまいます。つまり、「僕はダメなの?」「ママは私のことをできないと思ってるんだ」と傷付いているかもしれないということ。それが続けば、自己肯定感が低くなり、「自分はダメな人間だ」と思うように……。それでは悲しいですよね。

もちろん、現代社会で生きていくうえで謙遜することは必要かもしれません。でも、子どもをほめられた時には必要のないもの。それよりも、たくさんほめてあげることの方が大切です。

これならできるかも! 子どもがほめられた時の答え方

無意識に謙遜しているかたもいれば、「イヤミに聞こえるのではないか」という心配があって謙遜するかたもいるでしょう。ちょっと自信がないかたでもできる答え方を、いくつかご紹介します。

・まずはお礼を言う

シンプルに「ありがとうございます」とお礼を言うのが、一番簡単な方法。これなら、自慢している感じもしませんよね。お礼を言われて不快になる人はいないはずですから。しかも、親しい相手でもすれ違っただけの他人でも使えて、一言で終わる。謙遜しがちな人もすぐに使える方法です。

・子どもに話しかける

「ほめられたね」「すごいって」「よかったね」と子どもに話を振ってみましょう。お礼だけで終わるのはちょっと恥ずかしいというかたには、この方法がおすすめ。しかも、子どもも嬉しくなるので良いことばかりです。

・相手のこともほめる

相手のことをほめてあげるのも◎。そうすれば、ちょっと謙遜した気持ちになれませんか? でも、「ウチの子よりも〇〇ちゃんの方がすごいよ」と自分の子どもを下げる必要はありません。誰とも比べないように、相手のことだけを見てほめてあげましょう。

・自分を下げる

「どうしても謙遜しないと無理」というかたは、自分自身を下げてみましょう。子どもではなく、保護者のかたが下がるということ。「私ができないから〇〇ちゃんがしっかりしてて助かってる」という感じです。そうすれば、謙遜しつつ子どものことはほめることができます。ただし、あまり自分のことを下げ過ぎないで、保護者のかたも自信を持ってくださいね。

自分のことも謙遜しすぎないで! ほめてくれたら素直に喜ぼう

子どものことももちろんですが、保護者のかたも謙遜しすぎないようにしましょう。ほめられると、「すみません」「そんなことないです」とつい言ってしまいますが、本当は嬉しいですよね。相手だって、本当にあなたのことをよく思ったからほめてくれたはず。

照れる気持ちや、自信がない気持ちもあるでしょう。でも、ちょっとがんばって「ありがとう」と言ってみましょう。自分の気持ちも、相手の反応も、きっと変わるはず。もちろん良い方向への変化です。

まとめ & 実践 TIPS

お子さまのことをほめてもらったら、素直に喜びましょう。保護者のかたが上手に答えるだけで、ほめられた嬉しさは何倍にもアップします。謙遜するよりも、お礼を言ったり素直に受け止めたりする方が、きっとみんなが幸せになれるはずです。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A