子育てには戸建てがいい? マンションと戸建ての違いをご紹介

結婚や子どもの誕生を機に「住宅の購入」を考える人も多いでしょう。
住宅を購入する場合、マンションと戸建ての2択で迷う人もいると思います。マンションと戸建て住宅、それぞれのメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

この記事のポイント

戸建てで子育てをするメリット・デメリット

子育て世代は犬や猫などのペットを飼う家庭が多いため、将来的にペットを飼いたいと考えている場合は、ペットを飼うのもお庭を作るのも自由な戸建て住宅のほうがメリットは多いといえます。

さらに注文住宅の場合は、子どもが遊べるプレイルームや子ども部屋など、家族のライフスタイルや人生設計に合わせて家を一から作り上げることができるメリットもあります。

ただし、戸建て住宅の場合は、家を作る場所によって利便性や住環境が大きく変わります。
学校や病院、スーパーなどが近い「利便性のよい土地」はその分値段も高くなります。

場所や広さ、値段などを加味して「ちょうどよい土地」を探すために妥協が必要になってくるため、この点についてはデメリットとなりうるポイントです。

造成地の場合は近所に同世代の子を持つ家庭が多くなる可能性が高く、住環境が揃っている場合もあるのでおすすめです。

戸建て住宅の場合は、マンションに比べて騒音に対しての配慮は少なく済みますが、逆に外からの騒音が気になるという場合があるので注意が必要です。

マンションで子育てをするメリット・デメリット

マンションは、アクセスのよい場所や住環境が整っている場所に建っていることが多いため、生活のしやすさや子どもの通学時間が短く済む場合が多いメリットがあります。

物件によっても異なりますが、オートロックや、エレベーターを超えてから家に入る構造になっていることから、防犯性が高い物件も多くあります。
子育て世代にとっては防犯性の高い家は魅力的です。

しかし、高層階に住んでいる場合は逆に安心しきってしまい、窓を開けっ放しにするなど、防犯意識が薄れがちなので気を付けなくてはなりません。

なお、マンションの構造が「音を伝えやすい」という特徴がありますので、騒音に対する配慮が必要です。

また、ペットの飼育がNGのマンションや、ペットの飼育がOKであっても種類や頭数に制限があるマンションもあります。
もしマンションでペットを飼いたいと思っている場合は、あらかじめチェックしてから決めたほうがよいでしょう。

戸建てとマンションで迷った場合はどうする?

戸建て住宅とマンションそれぞれでメリットとデメリットがあります。
自動車を複数台所有する場合や、ペットを自由に飼いたい場合は戸建てがおすすめですが、オートロックや立地などを重視する場合はマンションなど、「重視したいポイントがどこか」を意識しながら検討するとよいでしょう。

まとめ & 実践 TIPS

戸建て住宅でもマンションでも、子育てをするうえでどちらもメリットとデメリットがあります。
保護者や子どもにとって「譲れないポイント」を明確にすることで、検討しやすくなるでしょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A