「しなさい」と言うのをやめれば、子どもは自分でやる子に育つ!?【PR】

ベネッセ教育情報サイトの連載でもおなじみのボーク重子さん。新著『しなさいと言わない子育て』(サンマーク出版)では、ボークさんがおすすめする非認知能力を活用した子育て法を、マンガでわかりやすく解説しています。ボークさん直伝の「しなさい」と言わない子育てとは……?

この記事のポイント

■CASE1 何度言っても、子どもが自分で考えて行動しません!

出典:『しなさいと言わない子育て』サンマーク出版

出典:『しなさいと言わない子育て』サンマーク出版

出典:『しなさいと言わない子育て』サンマーク出版

「しなさい」を「してみよう」に変えるだけで効果てきめん!

「しなさい」と言われると、とたんにやる気がなくなってしまう経験は、誰もがありますよね。実はこの現象はれっきとした「心理反応」
命令されたことで、自分の行動や思考を制限されたと感じ、反発したくなるのです。
そこでおすすめなのは、「しなさい」を「してみよう」と、提案に変えること。そうするだけで、自分のことは自分で決められる楽しさや自信、そしてありのままの自分でよいという「自己肯定感」が育ち、自分で考えて行動できるようになりますよ。

■CASE2 忙しい時に「ちょっと待ってて」と言っても、子どもが聞かずイライラ!

出典:『しなさいと言わない子育て』サンマーク出版

出典:『しなさいと言わない子育て』サンマーク出版

出典:『しなさいと言わない子育て』サンマーク出版

「ちょっと」がどれくらいかイメージできるようにしましょう!

具体的にイメージできずに待つことは、大人だって難しいもの。子どもならなおさらですよね。「3分」とか「5分」とか、具体的に示すことで、子どもは状況を把握し、納得することができます。また具体的に示せない時は、それが「何をする間なのか」を説明し、相手とイメージを共有しましょう。

また子どもを待たせたあとに大事なことは、その約束を必ず守ることです。守らないと、「待ってもいいことない」という思いが子どもの心に植え付けられて、待てない子になってしまうからです。また待ってくれたあとは、感謝の言葉を率直に伝えるようにしましょう。そうすることで、「我慢をすれば、相手から喜ばれ、良い結果がやってくる」と感じ、ポジティブな自制心が育ちます。

その他にも、
「子どもがゲームをやめられない時はどうすればいい?」
「習い事の決め方、やめ方」「受験にも活かす非認知能力」など、
子育てで知りたいテーマが盛りだくさんな1冊です。

ボーク重子さんの新刊『しなさいと言わない子育て』ご紹介

「あれしなさい」「これしなさい」……
毎日毎日、子どもにくり返し言ってしまっていませんか?
実はこの言葉は、子どもの「自分でやる力」を奪ってしまっているかもしれません。著者は「しなさい」と言わないほうが、子どもの自己肯定感を育み、自分で物事に進んで取り組む力が養えると指摘します。

子育てに非認知能力を活用し、ライフコーチとしても活躍する著者による、非認知能力を活用した子育ての基本がマンガでわかる1冊です。
今日からの子どもへの声かけが変わり、おうちのかたも子育てのマインドチェンジができる、具体的なアドバイスが満載です。

『しなさいと言わない子育て』 ボーク重子著 サンマーク出版

まとめ & 実践 TIPS

非認知能力育児のパイオニアであり、ライフコーチであるボーク重子さんの子育ての具体的なアドバイスが満載な1冊。「しなさい」と言うことで、しない子・できない子になっていたとは、目からうろこが落ちたような思いです。親自身の意識改革が必要ですね。


非認知能力について、もっと詳しく読みたいかたはこちら
子どもを幸せにする非認知能力の育み方

プロフィール

ボーク重子

ボーク重子

ICF会員ライフコーチ。Shigeko Bork BYBS Coaching LLC代表。米ワシントンDC在住。30歳の誕生日を前に渡英、ロンドンにある美術系大学院サザビーズ・インスティテュート・オブ・アートに入学。現代美術史の修士号を取得後、フランス語の勉強で訪れた南仏の語学学校で、米国人である現在の夫と出会う。1998年渡米し、出産。子育てと並行して自身のキャリアを積み上げ、2004年にアジア現代アート専門ギャラリーをオープン。2006年、ワシントニアン誌上でオバマ元大統領(当時は上院議員)とともに、「ワシントンの美しい25人」の一人として紹介される。一人娘であるスカイは2017年「全米最優秀女子高生」コンクールで優勝し、多くのメディアで取り上げられた。現在は、全米・日本各地で《非認知能力を育む子育て》《新しい時代のキャリア構築》についてコーチングと講演会を開催している。著書に『世界最高の子育て』(ダイヤモンド社)、『「非認知能力」の育て方』(小学館)など shigekobork.com 東京FMラジオ局のAuDee (Iphoneアプリ)、マイスタジオにて「ピンクdeワオ:自己肯定感コーチング」毎週月曜日から金曜日朝6時配信中。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A